あられ雪―人情処深川やぶ浪 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764951

作品紹介・あらすじ

うまい蕎麦を出すと評判の深川黒江町「やぶ浪」のあるじ浪介は、元武士。わけあって蕎麦打ち職人となり、女房のおぎんと、小体な角見世を切り盛りしている。なじみの客に道場仲間だった同心や北町奉行がいることから、今日も事件が持ち込まれて…。情に厚い浪介は、仕事の合間の調べで、粋な解決へと導いてゆく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館より。

    さらりと読了。これってシリーズものだったのね。知らずに借りてきてたよ。
    可もなく不可もなく。お蕎麦が食べたくなる。

  • 2014/5/13

  • シリーズ1

  • 157

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1960年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。早稲田大学第一文学部卒。87年『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)でデビュー、97年『百鬼譚の夜』(出版芸術社)で本格デビューし、幻想小説、ミステリー、ホラーなど多岐にわたる分野の作品を次々に発表する。近年は時代小説に力を入れ、人情ゆたかな世界を描き続けている。「小料理のどか屋 人情帖」「南蛮おたね夢料理」「大江戸隠密おもかげ堂」「包丁人八州廻り」「大江戸秘脚便」など各シリーズがある。

「2018年 『八丁堀の忍』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あられ雪―人情処深川やぶ浪 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

倉阪鬼一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする