人参倶楽部 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
2.93
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公のいさむさんと、その周辺の人々、主に女たち。どうしようもないところもあるけど、それがいい味というか、人間味というか。一度でいいからドアの鐘を鳴らして人参倶楽部で飲んでみたい。

  • 深夜営業のバー「人参倶楽部」のマスターと、そこに集う男女。他愛のない会話とはずみの恋。静かな夜にちょっと一杯呑みたくなる連作短編集。
    マスターの台詞がいちいちニクい。小さな店だが、こんな酒場の馴染み客だと人生の豊かさを感じるだろうなあ。登場人物たちの人生楽しんでる感がとても羨ましい。

  • 佐藤正午の人参倶楽部を読みました。

    地方都市のスナックを舞台に透明な筆致で描かれた恋愛の物語でした。
    真夜中のスナックで妻子がいるのに、ときどき女の子と付き合っているスナックのマスターが主人公です。
    不倫に疲れた女、冗談だけの小説家、来るはずのない女を待つ男といった人物たちがマスターとたわいもない会話をしていくなかで、それぞれの人物像が浮かび上がってきます。

    それぞれの登場人物の視点で、思い通りにいかない恋愛の物語が語られていきます。
    マスターの人間的な魅力にひかれて彼らはスナックに集まってくるのでした。

    最後に登場する主人公の妻の描写が特に秀逸だと思いました。

  • スナックってあんまり行ったことないけど、BARは好き。
    で、バーテンダーとかマスターとかって、もうちょっと真面目よ。
    この人ったら、女たらしで、一見いい人そうだけど最悪な男だなって思った。
    まあ、そういう人も中にはいるってことかな~

  • 人参倶楽部に集う男女の色恋を描いた短編連作集。

    マスター目線と女性目線の短編が交互に描かれる構造、電話での会話や手紙の内容をそのまま一篇とする試みは興味深いですが、内容そのものはあまり面白くなかったです。

    きっと登場人物と同世代の方々には共感される作品なのでしょう。

  • 読み易かった

  • マスターもてすぎ。
    もう少し洒脱な感じかと思ったのに。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人参倶楽部 (光文社文庫)のその他の作品

人参倶楽部 単行本 人参倶楽部 佐藤正午

佐藤正午の作品

ツイートする