ちゃらぽこ―仇討ち妖怪皿屋敷 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765132

作品紹介・あらすじ

真っ暗町である日起こった仇討ち騒ぎ。父の仇を討とうとした姉弟は、妖剣使いの侍・佐波倉にあえなく斬られてしまった!瀕死の二人を救った妖怪長屋の面々は、佐波倉の背後で大きな謀略が進行していることに気づく。事件解決に乗り出す居合の達人・新次郎と妖怪たち。そこに、性格の悪い幽霊・お菊がからんで…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ時代小説の2作目。妖怪や幽霊が大活躍するが、ホラー要素が全くない時代小説。時代小説だが、読み易く、登場人物が皆、個性的でとても良い。可愛らしい表紙や題名も好き。前作を飛ばして読んでしまったようなので、続編の前に是非読んでおきたい。

  • シリーズ2

  • 前作よりコメディ色が増した感じ。実に愉快に読むことができました。

    そしてまた第一章のオチはもはや恒例になってしまった感があって笑った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1956年、札幌市に生まれる。出版編集者として幻想文学、魔術書の数々を企画、編集。1986年に『魔教の幻影』で小説家デビュー。以降、ホラーをはじめ、ユーモア格闘技小説、時代伝奇小説、妖怪時代コメディなど、幅広いジャンルで活躍。代表作に『Faceless City』『邪神帝国』『金閣寺の首』など。2006年「東山殿御庭」が日本推理作家協会賞候補となる。〈ナイトランド・クォータリー〉に創刊号より《一休どくろ譚》を連載中。近年はトークイベントにも出演、歯に衣着せぬコメントでファンを沸かせている。

「2017年 『アシッド・ヴォイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちゃらぽこ―仇討ち妖怪皿屋敷 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

朝松健の作品

ツイートする