覚悟―鬼役〈8〉 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大火で、焼失して以来189年も再建していない天守の再建の話、国中が飢饉で疲弊しているというのに、狂気の沙汰である。
    作事奉行の浅水飛騨守は、天守の再建は、幕府の威光を保つことが出来、普請の対価により市中にお金が回り、庶民の空腹が満たされ、夜盗や辻斬りが減少することになり、一石三鳥と宣う。

    とてつもない賄賂が、飛び交って、この奇策は、仕組まれたものであると。

    飢えに苦しむ者たちの代表となり、直訴するのも、命がけで、この時代の者たちは、生き抜いてきたのだと、、、
    明神小五郎も然り、大塩平八郎も、財産を投げ売って、国民の為に、旗を挙げたのだと、、、、
    善と悪は混じり合わず、国を憂う心情は、我欲と保身とも混じり合わないと。
    明神は、蔵人介に骨を拾って欲しいと、言い残したが、我思想を連ねくために自爆してしまって、バラバラに吹き飛んだ骨を拾う事は出来ないのでは、、、と、思ってしい、悲しい結末であり、それ想いが、反映すべきであると。

    亡き美晴の子を思う気持ちを知った志乃が、やはり、命を賭けて、立ち向かっていくのには、惚れ惚れとしてしまいながら、傷を負った猿彦の活躍にも、力が入ってしまった。

  • 殺しても殺しても次々と悪党は生まれるのね。

  • 鬼役8巻目。
    今回はまさかの八瀬の大男が出てきて
    志乃さんも戦うという
    まさかまさかの展開。
    「血も水と同じで、油とは混じり合わない。
    善と悪は混じり合わず、国を憂う心情は我欲や保身とも混じり合わない。」
    この文にやられた。
    あと教科書にも出てくる大塩平八郎が出てくる。
    チラホラだけど…
    この時代の民は命懸けだなって、そう思えるような。
    斬りたくない相手を斬るのもまた悲しき運命とな。

  • 強過ぎですが、許せます。

  • 第八弾
    毒見役の活躍
    印象は薄い

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。花鳥風月を醸し出す筆致で描く時代小説には定評がある。

「2013年 『雲 死ぬがよく候 五』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂岡真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする