覚悟―鬼役〈8〉 (光文社時代小説文庫)

著者 : 坂岡真
  • 光文社 (2013年4月11日発売)
3.79
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765620

覚悟―鬼役〈8〉 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺しても殺しても次々と悪党は生まれるのね。

  • 鬼役8巻目。
    今回はまさかの八瀬の大男が出てきて
    志乃さんも戦うという
    まさかまさかの展開。
    「血も水と同じで、油とは混じり合わない。
    善と悪は混じり合わず、国を憂う心情は我欲や保身とも混じり合わない。」
    この文にやられた。
    あと教科書にも出てくる大塩平八郎が出てくる。
    チラホラだけど…
    この時代の民は命懸けだなって、そう思えるような。
    斬りたくない相手を斬るのもまた悲しき運命とな。

  • 強過ぎですが、許せます。

  • 第八弾
    毒見役の活躍
    印象は薄い

全4件中 1 - 4件を表示

坂岡真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

覚悟―鬼役〈8〉 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする