声を聴かせて (光文社文庫)

  • 光文社
3.78
  • (3)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334766818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2人の母とその血縁との物語
    読んでいて胸が詰まって苦しくなり、最後まで読めないかと思った

    幼稚園でいじめられている息子が母に打ち明けられず
    相手の子を噛んでしまったことから1つ目の物語ははじまる
    栄子は子供の感情に疎く、ただただ息子がかわいそうで
    しかし栄子自身も息子に付きっ切りでいっぱいいっぱいになっている
    孤立、孤独、どこかに救いはないのかと苦しくなった

    2つ目の話は3歳になる直前の次男を事故で失った
    母と長女の物語で、すでに時間が経ち長女が出産後の里帰りにきている
    時間が経っても2人の中で話せない本音や出来事
    それぞれの抱える記憶と気持ち

  • 子育てって大変(*_*;

  • 女手一つで娘の奈保子を育てた花江。その奈保子が出産のため里帰りしていた。かつて奈保子には弟がいたが、不慮の事故で亡くなっていた。過去の大きな喪失と、静かに向き合って生きてきた母娘の慟哭を、切なく繊細に描いた表題作。他に、幼稚園で他の子供とうまくやっていけない息子に苛立ち、人間関係に追いつめられていく母の孤独が胸に迫る「ちいさな甲羅」も収録。

    3歳の息子を事故で失った母親の悲しみ、苦しみ。
    6歳の息子に苛々して、幼い相手に理不尽な物言いをして苛めてしまう母親の悔い、苦しみ。
    似た立場にいる私にとっては、リアルで痛かった。
    読むのが苦しかった。

    表題作、息子を助けてやれなかった、言葉の遅い息子に苛立っていた母親に、訴えかけるような息子の言葉。
    読んだ瞬間に、涙が溢れた。

  • 二つの母の話。
    自分に重なる部分が多く一気読み。
    「ちいさな甲羅」息子の起こしたトラブルからママ友の付き合いが難しくなる。一番守らなくてはいけないはずの息子のケアよりも、ママ友枠から外されないよう必死になって、ボロボロになっていく…でも、救いは頼りになる旦那さんがいたこと。もう、ママ友呪縛から卒業した私。特にトラブルもなかったけど、ピリピリしてた事を思い出した。
    「声を聴かせて」は出産で里帰りした娘に子どもの頃のいじめを告白される。かなりショック、気づいてあげられなかった自分を責めてしまうだろうな。

  • おかあさんは、孤独との戦いなのか。

  • 女手一つで娘の奈保子を育てた花江。その奈保子が出産のため里帰りをしていた。かつて奈保子には弟がいたが、不慮の事故で亡くなっていた。過去の大きな喪失と静かに向き合って生きてきた母娘の慟哭を、切なく繊細に描く。
    幼稚園で他の子供とうまくやっていけない息子に苛立ち、人間関係に追い詰められていく母親の孤独。

  • 表題作と「ちいさな甲羅」の2編収録。

    「ちいさな甲羅」は息をつめて読むような感じで、ちょっとキツかった。幼稚園で息子が他の子にかみついたことを知って、同じ幼稚園に子どもを通わせる近所の母親たちにどんな文面でメールを送るか、どう書けばうまくことがおさめられるかと栄子が思案するところは、これがいまの"リアル"なんやろうかと思ったり。

    だが、そんな"努力"もむなしく、母親たちのメールが行き交う関係から、栄子ははずれてしまい、自分が幼稚園へいけなくなってしまう。こういうふうな親どうしのビミョウな関係が、子どもの関係にもうつしだされているようだった。わが子に「どうしてそんなことするの!」と怒りをおぼえる栄子の姿に似たものが、現実にも結構あるんちゃうかと思えて、こわかった。

    表題作は、離婚して、ひとり親で子どもを育ててきた母と、里帰り出産する娘との話。母はふたりの子のうち、下の子を保育園につっこんだトラックのために亡くした。娘にとっては弟だ。

    亡くした息子を思い出して泣く母に対して、弟を亡くした姉のふるまいがあまりに一所懸命でけなげ。ときには、母の前で、弟になってみせるのだ。母を心配させまいと、決して言わなかった自分のこともある。「姉」の私は、ちょっとズキズキした。

    この作者の本は、なにか読んでたよなーと過去ログを探ると、『憂鬱なハスビーン』、『光さす故郷へ』、『月曜日の朝へ』を読んでいた。

    (2/26了)

  • 過去の大きな喪失を引きずる母娘を描く表題作「声を聴かせて」と、幼稚園の人間関係に追い詰められ孤独感に苦しむ母親を描く「ちいさな甲羅」の中篇二作を収録。
    心理描写の巧みさに圧倒される。登場人物の気持ちが伝わって心が重くなる。息苦しくなる。結末も決して明るいものではない。作者のメッセージと力量がストレートに堪えてくる。
    「不運は、時に、神様が目隠しをして打つダーツの矢のようだ。前触れもなく、因果もなく、意味さえもなく誰かを刺す。その人生の向かう先を、決定的に変えてしまう」という言葉が、重く鋭く致命的に心にのしかかる。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1976年生まれ。2000年、大伯母の戦争経験を記録したノンフィクション『光さす故郷へ』を発表。06年「憂鬱なハスビーン」で群像新人文学賞を受賞。著書に『憧れの女の子』『不自由な絆』『あの子が欲しい』『天使はここに』『自画像』『少女は花の肌をむく』『人間タワー』などがある。

声を聴かせて (光文社文庫)のその他の作品

声を聴かせて 単行本 声を聴かせて 朝比奈あすか
声を聴かせて (光文社文庫) Kindle版 声を聴かせて (光文社文庫) 朝比奈あすか

朝比奈あすかの作品

ツイートする