遠野殺人事件: <日本の旅情×傑作トリック>セレクション (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334767471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅見光彦シリーズだと思い込んで読み始めたのだけれど、いつまでたっても浅見は登場してこない。
    どうやら勘違いしていたようだが、次々と新たな展開が訪れるストーリーにすっかり引き込まれた。
    いつもながら内田さんの物語は読みやすい。
    けれども容疑者と目される人物がひとり、またひとりと消えていく先にどんな真実が待っているのか。
    犯人の見当は早々についてしまうけれど、それでもどんなトリックを使ったのか。
    そこにはどんな動機が隠されていたのか。
    ただひとつだけ難を言えば、ヒロイン役の宮城留理子が完璧すぎた。
    鋭い推理力は本職である刑事たちをも圧倒しているし、犯人ではないかと疑いのある人物に対してもけっして引かない強さもある。
    美しく知性もあり、家柄もよく性格もいい。
    あとは男を見る目さえあったなら幸せになれただろうに・・・と。
    あっという間に読み終えてしまった物語だった。

  • 留理子の会社の先輩が殺された。
    自分も誘われたが行くことが出来なかった、岩手県の遠野への旅行先での出来事だった。
    しかも、容疑者は同僚の貞子ではないかという。しかし、貞子も自殺していた。
    次々と同じ会社の同僚が亡くなっていく中、留理子は独自に推理を進めていく。
    徐々に真実に近づいていくが・・・

    2017.6.7

  • 1983年に書き下ろしで刊行された著者の初期作品。旅情ミステリー、鉄道ミステリーを併せ、若い男女の色恋も交えた比較的ライトな作品である。東京のOLの河合貴代が遠野市の五百羅漢で殺害される。殺害された貴代の後輩・宮城留理子は遠野署の吉田刑事とともに事件の真相に迫る。

    最初から留理子の婚約者の土橋に怪しさを感じるも、著者のミスリードに導かれるが…

    1983年と言えば、東北新幹線が盛岡と大宮の間で暫定開業された頃。これが、鉄道ミステリーの世界にも大きな影響を与えた。今、読めば、東京と岩手は2時間と気付くのだが、当時はなかなかこの時間距離の短縮には思い至らぬことだったのだろう。東北新幹線の開業とともに東北に凶悪犯罪も流入して来たのは悲しい事実。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

東京都生まれ。一九八〇年『死者の木霊』で衝撃的デビュー。以後〈――伝説殺人事件〉〈地名+殺人事件〉など長編推理小説を精力的に発表し、旅情ミステリーの第一人者となる。二〇〇七年には著作総発行部数が一億冊を超える。〇八年、ミステリー文学への多大な貢献が称えられ日本ミステリー文学大賞を受賞した。一五年には、一般財団法人内田康夫財団を設立。一六年四月、軽井沢に「浅見光彦記念館」オープン。http://www.asami-mitsuhiko.or.jp

遠野殺人事件: <日本の旅情×傑作トリック>セレクション (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする