京都嵐電殺人事件 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334767495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 馴染みの場所が出てくるのでその点は楽しんだが、ミステリーとしては今3、位。なんか文章がダラダラ続いている感じ。初期の頃の鉄道ミステリー感はどこへ?唯、サザエさん的と言うか水戸光圀的長期安定感はある。好きな人は安心して読めるんだろうなぁ。

  • 久しぶりに十津川警部シリーズ読んだ。
    大河内理恵を探し当てる所→5年前の管理人の記憶で完璧な似顔絵作成って・・・そんなことってある?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京都嵐電殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする