倉敷殺人事件: 〈日本の旅情×傑作トリック〉セレクション (光文社文庫)

著者 : 内田康夫
  • 光文社 (2014年7月10日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334767778

倉敷殺人事件: 〈日本の旅情×傑作トリック〉セレクション (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    恋人と夜の新宿をデートしていた草西英の前で、中年男が「タカハシノヤツ…」と呻いて絶命した。背中を刺されていた被害者は、富山県にある養護施設の職員であった。英は事件との係りを避ける銀行員の恋人に失望し、意を決して警察に通報―警視庁岡部警部との二人三脚の推理が始まった。そして新宿の殺人事件は、二日後に倉敷アイビースクエアで起きたOLの服毒死と細い糸で繋がるが…。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    内田康夫
    1934年、東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

    本の感想(オフィス樋口Booksより転載、http://books-officehiguchi.com/archives/4808433.html

    背中を刺された中年男が「タカハシノヤツ」と言ったことから事件が始まる。警部補と英との二人三脚で事件の解決に向けて推理する。この舞台は岡山県の倉敷市であるが、新見など様々地名が出てくるので鉄道の旅が好きな人にも薦めたい小説である。

  • 倉敷アイビースクエアは懐かしい思い出の地でした

  • 面白いのだけど、男性作家がかくゆえの…女性描写が
    鼻についた。ちょっとね…。

全3件中 1 - 3件を表示

倉敷殺人事件: 〈日本の旅情×傑作トリック〉セレクション (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

倉敷殺人事件: 〈日本の旅情×傑作トリック〉セレクション (光文社文庫)はこんな本です

倉敷殺人事件: 〈日本の旅情×傑作トリック〉セレクション (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする