ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (10)
  • (26)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :178
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぶたぶたさ~ん、おひさしぶり!
    シリーズの美味しい名物店が再登場です。

    それも特にお気に入りだった「カフェこむぎ」うれしい♪
    忘れられないあのパンケーキやホットケーキ(あまり出てこなくて、ちょっと残念)

    そして、ぶたぶたさんはあいかわらずぶたぶたさん♪
    少しも変わらずそこにいてくれる。
    お約束のぶたぶたさん初対面のリアクションもたっぷり。

    公園で拾われたぶたぶたさん。
    「具合が悪いのに、濡れたまま寝かされて風邪ひかないの?」
    なんて思った私。
    そもそもぬいぐるみが風邪をひくということにすら、
    なんの疑問も持たなくなっている(笑)

    完全にぶたぶたワールドにハマってますね。。。

  • 今回は、今までに出てきた食べ物屋さんが再登場!

    朝食のカフェ「こむぎ」、前もめっちゃ美味しそうですっごく印象に残ってました。もう~、食べたいったら!!!!

    秘密を話さなければいけない喫茶店は、アップルパイのお店ですね。今回アップルパイは出てきませんでしたが、美味しそうなスイーツがまた登場しました。

    和風居酒屋「きぬた」は、記憶にないわ^^;
    でも美味しそうだ~。

    最後のお寿司屋さんは今回の新作!
    ぶたぶたがお寿司屋さん。まぁ、もうぶたぶたは何やってても驚きませんが。

    とにかく動くぶたぶたさんを想像するだけでほっこりできるシリーズなのですが、食べ物屋さん系はさらにほっこりできます。

  • 『ぶたぶたのおかわり!』
    矢崎存美 光文社文庫

    「ぶたぶた」シリーズの中のお店が再登場します。
    とびっきりの朝食を提供するカフェ「こむぎ」
    「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」の会員制喫茶店。
    お弁当やお惣菜が美味しい和風居酒屋「きぬた」
    そして今回ぶたぶたは、築地の有名寿司店の寿司職人に⁈

    用意していた初読み本がどれもこれも口に合わず、胃もたれ、吐き気、食指が動かない…´д` ;とほうり出し、手に取った最新巻の「ぶたぶた」は、やっぱり優しくて、懐かしくて、とっても美味しかったo(^▽^)o
    思わずクスクス笑ってしまい、病院帰りの駅のホームや電車の中で変な人になってました。

    美味しくて、ハートウォーミングな短編4つ。ぶたぶた、大好きです(^ ^)

  • 最近の矢崎さんの作品は、ストーリーが料理のオマケに
    なってしまっているようで、物足りないなぁ…。

    過去作の設定の短編集っていうのは、良かったと思う。

  • 相変わらず読みやすくて、頭休めに丁度よく小一時間ほどで読み切れるデザート的な小説です。

    描き方がとっても軽いので、二行ごとに話の展開が進んで10ページほどで一章終わる感じなので、シーエムのような手軽さで読み切れる!

    また、ぶたぶたの存在がありえない!?と、思わせる間も無くとっとと終わる感じが楽ちんです。笑笑

    可愛いくて会ってみたいんだけど、是非実写化しないだろうか。

  • 癒されています。
    どこから読んでもいいし、、、、。
    山崎ぶたぶたさんのシリーズ、職業が変わって、凄い量で発売されているらしい。

  • とっても可愛いくてぶたぶたさん
    大好きなのですが、最近微妙に面白さが欠けている気がしてしまいます。

    前はもっとクスって笑えるとこもあったんだけどなぁ。

  • 2016.5.18

  • 「ぶたぶたさん」シリーズ6作目読了しました。

    今回のぶたぶたさんはスピンオフでした。
    「ぶたぶたカフェ」「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」
    だと思われます(カフェこむぎと会員制喫茶店の物語
    だったから)。
    ぶたぶたさんが作る朝ごはんや砂糖のタルトが食べたい!
    器用で紳士的なぶたぶたさんとおしゃべりしたいです!
    ぶたぶたさんシリーズ、大好きです。

  • 作中に出てくる料理はどれも美味しそうなもので、愛情がこもっている。どのお店も通いたくなる。ぶたぶたさんは、寿司屋、喫茶店、居酒屋、カフェ、すべての店で活躍し、来るお客様の心を癒してくる安定さを感じる。緑茶とミントに蜂蜜を入れると紫に変色するのは科学実験のようだった。一瞬、紫蘇ジュースを彷彿とさせるが、飲んだ時のギャップに思わず目が覚めてしまうと思う。味覚障害の話も出てきて、母と娘の関係や小さい頃からの習慣など複雑なものが絡み合っていると感じた。日々の健康のためにもよく味わって食べる大切さが伝わってくる。

全33件中 1 - 10件を表示

ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)のその他の作品

矢崎存美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする