整形美女 (光文社文庫 ひ 18-3)

  • 光文社
3.23
  • (4)
  • (9)
  • (10)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 79
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目鼻立ちくっきりでスタイル抜群の美人・甲斐子は、自分が美人だという自覚がなく、ある計画を元に20歳で全身整形をして地味な女に生まれ変わる。
    一方甲斐子の同級生で地味な見た目だった阿部子も、同時期に整形手術を受けて元の甲斐子そっくりな美しい容姿に生まれ変わる。
    整形してから十数年、全く正反対の容姿に変わった二人はどういう人生を歩み、どんな人間になっていくのか。

    美容整形を扱った作品ってたまにあるけれど、これは単純に美容整形をして美人に生まれ変わった人間の物語ではなくて、そもそも美人とは?を問う物語。
    見た目が整っていれば美人なのか?
    でもよくよく考えてみると、見た目が整っていても美人とは思えない人もいるし、見た目は地味でも振舞いや内面を合わせて美人だと呼ばれる人もいる。

    甲斐子と阿部子。これは聖書のカインとアベルになぞらえたもので、この二人の主人公に付随するような名前の登場人物も出てくる。
    神から不当な扱いを受けてアベルに嫉妬し、最後にはアベルを殺したカイン。
    この物語では元々甲斐子はとても恵まれた容姿をしているのに、なぜか異性から不当な扱いを受けるところから物語がスタートしている。
    だけど甲斐子はとても慎ましやかで真面目な性格の持ち主でもあった。それが地味な見た目に整形した後、どんな風に変わっていくのか…。

    美容整形がいまだに負というか“出来れば隠しておきたいこと”であるのは、嘘をついているような後ろめたさを覚えるからなのだと思う。
    芸能人でも、素人でもはっきり分かるくらい顔が変わる人っているけれど、本人が堂々と公表するケースはほとんどない。逆に開き直られたほうが清々しいと思うけれど、そういう人はまだ少ない。
    人にはそれぞれコンプレックスがあり、例えば胸が小さい人ならパッド、髪の毛が薄い人ならカツラ、背が低い人ならシークレットブーツなど、そのコンプレックスをカバーするものを用いたりする。
    でもそれもやっぱり嘘をついているような後ろめたさから逃れられないから、必要以上にそのことに関して敏感になったりする。 
    他人はさほど気にしてはいない、という客観性も、強いコンプレックスの前では通用しない。

    整形によって一度美人を経験した阿部子の変化の仕方が素敵だった。コンプレックスをはね除け、自分の生き方を手に入れるということ。
    美しさとは、そして本当の幸福とは。

    余談だけど、年齢を重ねるにつれて内面って顔に出てくるから本当に気を付けなきゃいけないと思う。
    つくりは綺麗なのに意地悪さが隠しきれてない人って、けっこういるよね。

  • 可愛いとは?ブスとは?ってめちゃくちゃ考えさせられた。
    タイトルからは想像できない話だった。
    顔面にコンプレックスを持つものとしてはそのまま生きててもいいのかなと考える事が出来たので読んでよかった。

  • 題名から想像したストーリーとは乖離があったが、読者が勝手に求めるお約束ストーリーではなく、美人とは何?ブスとは何なの!?と考えさせられる一冊。

    登場人物は聖書の登場人物の名前から考えられているらしく、所々聖書の一節が引用されたりしている。

    個性的ななかなか面白い表現をされていたが、私には少し苦手だと感じてしまった。
    文章の相性が少し合わなかったのかもしれない。

    しかし話は終盤にかけて、なかなかに惹き付けられるものがあった。

  • 意味不明。最後まで 2人の名前を覚えられず。なんだろう。隣の芝生は青い的な?他人を羨むな的な?結果誰もシアワセにならない切ない話

  • 完璧な美を備えている、と(大曾根医師には)思われた甲斐子が「全身整形したい」と手術を望む。絶世の美女ではなく、大衆受けする程度の女(大曾根医師によると「ブス」)に。一方、整形なんか興味なかったのに「なんとなく」やってみた二重瞼手術に始まり(甲斐子のような「美人」に)全身整形した阿部子。結果、甲斐子は男受けし、阿部子は男から敬遠される。……「美人」って何ですか?という姫野先生の深い考察が物語となっているが、正直「豆つぶのような目」は美人…?と疑問を感じながらも面白く読んだ。与瀬くんが良い味出してた。

  • 整形をしたくなる心理を知りたくて読んでみましたが、美女なのに、自分が「美女で得している」と思えず整形する人と、その逆の人がいて、「なぜ、整形は後ろめたいのか?」と考えながら読みました。姫野カオルコさんの作品は初めて読みましたが、言葉が面白いですね!趣深くもあり、笑える感じもあり。ハマりそうです。

  • 完読できず。リタイア‼️

  • なぜ誰もが憧れる美女が整形をして、わざわざ一般に言われるブスにするのか最初は理解ができなかった。
    読み進めるうちに、美女とモテる女性は違うということに気付き始めた。
    確かに、見た目が綺麗な女性は近寄り難く、綺麗と褒められはするが、高嶺の花なのか、モテない気がする。それに比べ、一般的な見た目で仕草がかわいい、キレイな女性の方が声もかけられやすいし、男性も見た目のハードルが低くてアタックしやすいと思う。
    脱線してしまったが、楽しく読めた。
    また時間をおいて読んでみよう!

  • 最初から最後まで全く好きになれずに終わった。
    なんとか読んだけど…

  • 20150604

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

姫野 カオルコ(ひめの かおるこ)
1958年、滋賀県甲賀市生まれの小説家。青山学院大学文学部卒業。大学在学中から雑誌ライターとして活動。大学卒業後、画廊勤務や事務員アルバイトを掛け持ちしながら小説を執筆。1990年、持ち込み原稿から刊行された『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。 
『ツ、イ、ラ、ク』『ハルカ・エイティ』『リアル・シンデレラ』でそれぞれ直木賞ノミネート。そして2013年『昭和の犬』で直木賞受賞。その他代表作として、映画化された『受難』など。

整形美女 (光文社文庫 ひ 18-3)のその他の作品

整形美女 (光文社文庫) Kindle版 整形美女 (光文社文庫) 姫野カオルコ

姫野カオルコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

整形美女 (光文社文庫 ひ 18-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする