悪意の死角: 東京~京都殺人ライン (光文社文庫)

著者 : 深谷忠記
  • 光文社 (2015年7月9日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769345

悪意の死角: 東京~京都殺人ライン (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ええええっ。
    犯人は分かっても、事件の詳細が判明しない結末って?!
    それに、推理の過程も、なんだかすっきりしない。
    昔、好きだったシリーズで、新作を見付けてわくわくして読んでいただけに、がっかり感が、、、
    埼玉県警の荻村刑事が、意外な活躍を見せくれたら、よかったな~。
    美緒と荘が結婚していたのには嬉しいびっくりだった。

  • まあ、普通に面白いですね。
    昔のように大掛かりな仕掛けがあるわけではないけど、ミステリをうまく転がしているし、ロジックの反転はいいですね。

全2件中 1 - 2件を表示

悪意の死角: 東京~京都殺人ライン (光文社文庫)のその他の作品

深谷忠記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪意の死角: 東京~京都殺人ライン (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする