パダム・パダム: 京都府警平安署 新任署長・二条実房 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.38
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769406

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 評価は0。

    小難しい警察内の話が延々・・・興味も沸かず面白くも無く読み進める自信がないので。

  • 前作の

  • キャリア警察官・二条実房を主人公にしたシリーズ第2作。第1作を読んでいないのだが、もう読むことはないだろう。

    警察組織に関する無駄な知識の洪水が延々と続き、京都の平安警察署の署長に赴任した二条に署員がひれ伏し、事件よりもそうした部分に重きが置かれて描かれており、内容が全くアタマに入らなかった。

    読み手の自分の読解力の無さが原因か。一種のイヤミスか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京大学卒。リヨン第三大学法学部第三段階専攻修士課程修了。元警察官僚。2007年メフィスト賞受賞作『天帝のはしたなき果実』でデビュー。高校生、大学生から支持されている「天帝」シリーズの他著作に『絶海ジェイル』『外田警部、カシオペアに乗る』『その孤島の名は、虚』など、上質の本格探偵小説を発表し続けている。

「2018年 『おんみょう紅茶屋らぷさん ~この一杯に、すべてを~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パダム・パダム: 京都府警平安署 新任署長・二条実房 (光文社文庫)のその他の作品

古野まほろの作品

ツイートする