彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)

著者 :
  • 光文社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツッコミどころが満載。

  • P312千本松原を歩く

  • 松本清張の本は、今でも通用するぐらいの本であると思う。

    しかし、初めから、チキンライス100円という時代の、銀行からの500万円横領事件から始まる。

    今の時代にしてどれだけの値打か?と、つい想像してみたくなった。

    『黒皮の手帳』の時代は7500万円の横領事件が、書かれていたと思うが、、、

    この時代、金融資本時代、、、政界との癒着問題、暴利を追及する銀行、大手企業への銀行融資への流れが、庶民への圧迫へと転換される不合理さを追求している。

    静岡も、九州も、商社マンの父の影響で、良く知っており、興味深いが、、、、昔はこんなんだったんだと、、、想像しながら読んでしまったが、「黒皮の手帳」の男性版と、言っていいかもしれない本であった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

●1909年、福岡県に生まれる。印刷工、新聞社社員を経て42歳で作家の道へ。「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。『点と線』『眼の壁』『砂の器』『ガラスの城』『黒革の手帖』など推理小説の第一人者として多くの作品を発表する一方、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などノンフィクション分野でも活躍。日本ジャーナリスト会議賞、吉川英治文学賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞多数。1992年死去

「2017年 『徳川家康 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)のその他の作品

1-B07GJ2YPKXの詳細を見る Kindle版 1-B07GJ2YPKX 松本清張
彩霧 (文春文庫) 文庫 彩霧 (文春文庫) 松本清張

松本清張の作品

彩霧: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)を本棚に登録しているひと

ツイートする