人間椅子 (光文社文庫)

著者 :
制作 : 上江州 誠 
  • 光文社
3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769895

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 始業前の教室。何者かに眠らされていた小林少年が目覚めると、そこにあったのは変わり果てた担任教師の姿だった。バラバラにされ椅子の形状に組み合わせれた首無死体――。高校生にして名探偵の明智は、容疑者となった小林に、自分で事件を解決してみせろというのだが……。

  • アニメをそのままノベライズしたのかな〜と思いきや登場人物が増えていたりアニメだと結局何者かわからなかった新担任の真実がわかったりとなかなか良かった。

  • アニメ見て、気になって買いました。
    アニメを見始めたのが終盤だったので、「追加書下ろし」の部分がよくわからなかったけど・・・
    江戸川乱歩の小説を現代風にするとこうなるのかぁ~と新鮮な気持ちで読みました。

    ただ、先にアニメを見たからかもしれないけど・・・
    作中のコバヤシ君がどんな風に「他人」が見えているのかの表現が分かりにくいなぁ~と思ったので、アニメを見て雰囲気を感じてから読んでもいいんじゃないかな?と。

    続巻も出るので楽しみです。

  • アニメ全話見終わった後でのノベライズなので、さくさく読めました。でも内容は所々追加されてたり違ってたりで、面白かった!コバヤシのシャワーシーンとか俺得でした。聞いてない。ただ残念なのは、ハシバの活躍シーンがね…削られた…感…。好きなキャラなだけに残念です。ただ全体としては大満足です!続きが楽しみな一つ。

  • アニメよりは描写がより深掘りされているので、アニメの追補に読むといいかもしれません。一部アニメ版とは変更されているエピソードもあります。
    単独の読み物としては、少し物足りないかも。

  • 江戸川乱歩の世界観を大胆アレンジ,というか別物。
    アニメのノベライズなので仕方がないが,キャラがアニメっぽ過ぎる。
    原作ありという制限で,黒史郎のカオスさが活かし切れていない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1974生まれ。2006年「夜は一緒に散歩しよ」で第1回『幽』怪談文学賞長編部門大賞を受賞しデビュー。主な小説作品に「幽霊詐欺師ミチヲ」シリーズ、「怪談撲滅委員会」シリーズ、『未完少女ラヴクラフト』『ラブ@メール』『いちろ少年奇譚』『童提灯』等がある。

「2016年 『貞子VS伽椰子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間椅子 (光文社文庫)のその他の作品

人間椅子 Audible版 人間椅子 黒史郎

黒史郎の作品

ツイートする