みれん堀: 剣客船頭(十三) (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334772024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当初の敵討ちモードから、千草とのラブラブモード

  • 2015年11月刊。文庫書下ろし。シリーズ13作め。お節介な伝次郎は、客となった女の家族を救うために、はずみとはいえ、とんでもない暴挙にでるが、運良く、何事も無く済んでしまうというあたりの成りゆきが面白かった。推理部分に力を入れたと、あとがきにありましたが、軽めの内容で、ちょっと肩すかしです。

  • 第十三弾
    いつの間にか此処まで出ていた
    ひょいと助けた女からとんでもない事件に

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1955年、熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー。近年は時代小説に力を注いでいる。人気シリーズに「剣客船頭」(光文社時代小説文庫)、「浪人奉行」(双葉文庫)、「ちょっと徳右衛門 幕府役人事情」(文春文庫)など、シリーズ以外に『人生胸算用』(文春文庫)などがある。

「2018年 『喜連川の風 明星ノ巻(一)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みれん堀: 剣客船頭(十三) (光文社時代小説文庫)のその他の作品

稲葉稔の作品

みれん堀: 剣客船頭(十三) (光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする