ハピネス (光文社文庫)

著者 : 桐野夏生
  • 光文社 (2016年2月9日発売)
3.55
  • (25)
  • (74)
  • (82)
  • (14)
  • (1)
  • 618人登録
  • 84レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334772345

ハピネス (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タワーマンションを巡っての主婦一人一人の描写がリアルで、キャラが際立っているのもあり、ストーリーの抑揚も大きく、とにかく面白い!なんて言うか、ぼけーっと見ていたドラマが面白くてつい全編見てしまうような吸引力がある。

  • 高級タワーマンションに暮らす岩見有紗は窒息寸前だ。ままならぬ子育て、しがらみに満ちたママ友たちとの付き合い、海外出張中の夫・俊平からの離婚申し出、そして誰にも明かせない彼女自身の過去。軋んでいく人間関係を通じて、徐々に明らかとなるそれぞれの秘密。華やかな幸せの裏側に潜む悪意と空虚を暴き出す。人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の衝撃作!

  • 都会の高層マンションに住むママ友たちの生態。
    スマホと同じように常に本が側にある生活になる前に読んだOUTの印象が強烈で、好きな作家さんになった桐野夏生さん。
    最近はミステリー作品がなく寂しい思いをしていて、手に取ったこの本の裏書きを読んでミステリーの匂いを感じて買ったけど、ミステリーでなく、、、でも予想外にはまりました。

  • 個人的な話になりますが、会社の仕事の関係で本作の舞台であろう場所、江東区豊洲の近くで以前暮らしていました。作中で描写されているように、運河に囲まれた場所に綺麗な高層タワーマンションや大企業のビルが立ち並び、ららぽーとに代表される複合施設や公園が配置されています。近隣には深川や門前仲町といった下町の風情が残る地域がありますが、豊洲ではそういった雰囲気はほとんど感じません。仕事が変わり最近は訪れていないのですが、本作を読んで何だか懐かしくなりました。綺麗ではあるけれどもどことなく無機質なこの街を舞台に、5人の母親が織りなすかりそめのママ友模様が本作では描かれています。
    桐野さんの作品は『OUT』『グロテスク』をはじめ、非日常の異世界でカルタシスが爆発する類のものが多々ありますが、本作はそういった趣とはやや異なり、主婦の日常の中にあるリアリティが描かれています。具体的には格上のマンションに住むママ友に対する劣等感であったり、理不尽な夫に対する怒りであったり、自分自身に対する空虚感であったりといった負の感情で、プチセレブではない普通の母親であっても共感できるところが多くあるのではないでしょうか。主人公の有紗はこの息が詰まる世界からの脱出を試みるわけですが、そこはいつもの桐野さんの筆致が冴えています。
    重量級か軽量級かといわれると軽量級の部類にあたる作品だと思いますが、その分普段小説を読まないような人にも楽しめる内容に仕上がっていると思います。いつもの桐野作品の烈しさを求める読者にとっては物足りないかもしれませんが。

  • 男の子のママですが、前から女の子のママ同士のグループって一種独特の雰囲気が出ていて苦手。この小説にもそんなところがリアルに出ています。正直、有紗にも
    美雨ママにもほかのママにも共感はできないですね。

  • タワマンに住むママ友達。見栄をはり、本当の自分を隠し、無理して勝手に息苦しくなってみたり、グループ、格差、幼稚園受験、、、。家族の数だけそれぞれの秘事があるということ。さも、うまくいっているかのように見せかけるのは大変だ。馬鹿馬鹿しい。そう思えるのも子供がいない今のうちにだけかもしれない。

  • まず、帯に続編があるとあったので萎えた。こいつも一冊にまとめられない作家か。

    後半に新潟の描写が出てくるが、新潟の人間としては違和感がそこそこあり、また萎えた。なろう系を馬鹿にできない調査力だ。または、北陸民は新潟を逆恨みしているともいうし、そういう事だろうか。

    そうした綻びを見つけると内容自体もどうでもよくなってくる。連載されていた雑誌も「お受験ママ」をターゲットにしているらしいし、大人向けのラノベといった風情なのかも知れない、と言ったらラノベに失礼か。

    ただ、主人公の性格は、陰鬱で鬱屈していて新潟人らしく描かれている。その分で星一つ。
    結局どこに住もうがムラ社会が出来上がると言うリアルさに、星もう一つ。

  • 自分もこの時期同じこと考えていた!狭い世界が全てだったと思い出して苦笑。VERYで連載していたけど、ドンピシャの世代で評判になったのがよくわかる。けれど私なら身につまされて読めなかったかもしれない。リアルだなぁ。

  • ただたんにママ友ネタの本が好きなんだな。考えずにサラッと読めた。

  • 自分には絶対縁のない世界だから、客観的に怖いって思う。「子どもの名前+ママ」で呼び合う関係って、子供の存在でしか関係性を維持できないのかなと。あと旦那のステータスや住んでるところとか。

全84件中 1 - 10件を表示

ハピネス (光文社文庫)のその他の作品

ハピネス 単行本 ハピネス 桐野夏生

桐野夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハピネス (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする