猫の時間 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.72
  • (4)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334772406

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫をモチーフにした短編集。もちろん、猫好きにはたまらない一冊。必読です。
    心温まるものが多いけれど、そればかりでもなく。謎解きがあったり、そして生きることについて深く考えさせられる部分もありました。なんといっても、猫の愛らしさがどこをとっても全開です。うーむ、柄刀さんがこれほどまでの猫好きだったとは存じあげませんでした。
    お気に入りは「決壊と真珠貝」。ミステリ的な真相に驚かされ、そして猫の行動にもぐっとくるものがありました。幸せな物語ではないのだけれど、かといって不幸とも思えないかな。たしかなあたたかさを感じられます。
    「ネコの時間」もたまらない一作。猫を飼っている人ならなおさら、悲しいながらも感動してしまう作品です。

  • おかしい、ペットのアンソロジーは読んだはずなのに、さっぱり覚えていない…

    というわけで、猫をモチーフとした心温まる短編集。
    ミステリではない。

    うん。
    なんというか。
    なんかダメだ、牛乳やるなーとか、人のご飯やるなーとか、いらんことばかり気になってしまう。うむう。

  • 猫のようにしなやかに。
    猫のように軽やかに。
    猫のようにしたたかに。
    そして、
    自由に。
    無邪気に。
    気まぐれに・・・。

  • ハートフルでロマンティック。甘すぎて一気には読みきれず少しずつ読んでようやく読了‥
    全体的に優しい文体だし、いい話なんだけど、猫はこんなに人を信じも愛しもしないと思うのですよ。そこが猫のいいとこであると思うのですよ。
    同じ話で犬なら泣けたかも。

  • ずっと前に入手していて、満を持して読み始め。
    冒頭の作品から、いきなり涙腺が大崩壊。
    タイトルの意味も胸に迫る。
    他の作品も、猫と人との関係が温かくて胸に迫る。
    こういう本は、外で読むには危険すぎる(笑)

  • 猫がテーマの小説。ネコの魅力がたっぷりでてきました。

  • 図書館入り口の新刊コーナーで見つけました。
    数ページ読んでいたら読みやすそうだったので、借りて帰りました。
    長生きする生き物は飼ったことがないですが、動物は好きなほうだと思っています。
    表題作の猫の時間が好きでした。
    初めて読む作家さんだったので、ミステリー作家さんだとは知りませんでした。

  • 泣けた。猫好きの涙腺を刺激する話ばかり。飼い猫との絆を信じたくなる。

  • 人間と猫の織りなす日常の物語。まさに「共生」という言葉がふさわしい気がします。猫と一緒に生きていく人間、人間も一緒に生きていく猫。猫を愛する人たちの、何気ない行動の中に、猫への愛が満ち溢れているんだなあ・・・心がほんのり温かくなる小説でした。

  • 2016/02/15読了

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年北海道生まれ。公募アンソロジー『本格推理』への参加を経て、98年『3000年の密室』でデビュー。主な著書に『アリア系銀河鉄道』『凍るタナトス』『シクラメンと、見えない密室』『ゴーレムの檻』『密室キングダム』『天才・龍之介がゆく』シリーズなど多数。(2011年12月3日現在)

「2013年 『システィーナ・スカル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柄刀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする