こちら弁天通りラッキーロード商店街 (光文社文庫)

著者 : 五十嵐貴久
  • 光文社 (2016年12月8日発売)
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334773939

こちら弁天通りラッキーロード商店街 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 五十嵐貴久『こちら弁天通りラッキーロード商店街』光文社文庫。

    読み終えた時の爽快感が心地よく、元気と勇気をもらえるエンターテイメント小説。非常に面白かった。無論フィクションであるがゆえ、出来過ぎたストーリーではあるのだが、決して夢物語とは思えない。本書の中には地方のシャッター通り商店街が復活するためのヒントが秘められているのではなかろうか。

    多額の借金を抱えて見知らぬ町に逃げ込んだ印刷屋の笠井は、町の住民から新しく来た住職と勘違いされる。シャッター通りと化した老人ばかりの町の住民は笠井にポックリ逝かせてくれと請い願う。笠井が何気なく口にした一言が寂れた町の復活につながっていく。

  • 借金に追われ逃げ込んだ町で住職に勘違いされた印刷所経営の笠井。寂れた商店街の老人店主たちの願いに戸惑う笠井の思いつきの一言が波紋を呼ぶ。
    日本各地に存在するシャッター商店街。地方の少子高齢化や地域格差の象徴であり、現在では珍しくもなんともない、当たり前の風景になった。それでも、底まで落ちたからこそのアイデアと決断がある。苦しむ多くの地方の町に一石を投げる一冊。

  • シャッター通り商店街を立て直す話は別の作品も読んだけど、これは立て直そうとしたわけではなく、でも発想の転換が立て直しになったという。なんとなく、え、そんなのアリ?というちっぴょうしのなさがありながら、変わっていく様子についつい引き込まれてさくさく読みました。

  • 一気読みでしたよ、悪い意味で。とにかくサッサと読み終えてしまえと。。
    主人公に魅力はないし、脇もいい加減な造形です。
    100円商店街、その一点の思いつきだけで書かれた物語のようです。それもリアリティ無いですし。
    まあ、暇つぶしにはなりますが。

  • 死に体の商店街が鮮やかに甦る。普通に考えれば夢物語なのだろう。でも甦るという意味は少し違うように思う。商店街の人々の生き甲斐。彼らの活力を取り戻すこともまた甦ると言えると思う。とても元気が出る面白い一冊でした。
    あらすじ(背表紙より)
    借金に追われ、見知らぬ町に逃げ込んだ笠井武。無人の寺に泊まり迎えた翌朝、やって来た老人たちはなぜか彼を新しい住職と勘違い。寂れた商店街で夢も希望もなく生きる町の住民は、誰しもがポックリ逝かせてくれと請い願う。戸惑う笠井だったが、彼らと生活を共にするなかで、何気なく口にした思いつきが波紋を呼び…。一気読み必至の痛快エンタテインメント!

全5件中 1 - 5件を表示

こちら弁天通りラッキーロード商店街 (光文社文庫)のその他の作品

五十嵐貴久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

こちら弁天通りラッキーロード商店街 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする