黒龍荘の惨劇 (光文社文庫)

  • 45人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岡田秀文
  • 光文社 (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774073

黒龍荘の惨劇 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分はかなり面白いと思ったが評価が分かれる作品だと思う。ストーリーの展開から犯人を捜すセオリーからは少し外れている所が評価の分かれ目だろう。
    最後にそう持ってきたかと手放しで感心するか、それは無いと思うかの差だと思う。
    ただ警察がどのようにして犯人にたどり着いたのかが触れられていないのが不可解だ。

  • 2017年2月12日読了。
    2017年23冊目。

  • 大掛かりかつ冷酷非道な真相に戦慄。平坦な道を歩いてきて、いきなりストンと深く暗い穴に突き落とされた感じ。犯人は予測できても、この真相の予想は普通の人には難しいだろう。黒龍荘に好ましい人はいなかったけど、それでよかった。じゃなければ後々ショックが大きいわ。
    事件そのものも時代の波に葬られ、被害者も浮かばれずモヤモヤは晴れないが、現実起きた凶悪事件を殺人トリックに繋げてミステリーにしてしまうあたり作者の力量を感じる。
    主役の月輪くんも杉山くんも個性が弱いので、風変わりな蘭子さんの出番と啖呵に唯一スカッとできた。

  • 現代の横溝正史みたいな話。
    探偵が無能で、ひたすら殺人事件がおこる。

全4件中 1 - 4件を表示

黒龍荘の惨劇 (光文社文庫)のその他の作品

岡田秀文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
今村 昌弘
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

黒龍荘の惨劇 (光文社文庫)はこんな本です

黒龍荘の惨劇 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする