屋上のテロリスト (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.45
  • (31)
  • (88)
  • (94)
  • (26)
  • (7)
本棚登録 : 835
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死にたがりの高校生と金持ち女子高生が日本にテロを仕掛ける!?しかしその日本はただの日本ではなく、ポツダム宣言を受諾せずに交戦し続けた為にソビエトとアメリカによって分断されて二つの国なった日本が舞台?

    まるで北朝鮮と韓国を真似たかのような仮想日本国!

    少年と少女のテロ計画は成功するのか!


    好みは別れるでしょうが読んで損はしないかと思います。

  • 次男が凄く面白かったと言っていたので、読んでみた。
    今ある日本は終戦時の判断によっては、この小説のようになっていたのかも知れないんだなと思うと、いろいろと考えさせられた。
    本の帯に「100回騙される」とあったのが、とても興味深かった。確かに多少は騙されたけど、100回は多すぎるな。
    知念さんの他の本も読んでみたいと思った。

  • だいたい予想のついたラスト。核だと思っていたが実は花火だった、という展開も、表紙の絵からなんとなく予想がつくため、ラストに向けての先の見えない興奮はあまり無かった。でも宮内卿のくだりは伏線回収の流れが好き。かなり複雑な計画だったため始めからもう一度読み直したい。

  • 太平洋戦争で東西に日本が分断された世界
    テロを起こすという少女と死にあこがれる少年
    ちょっと都合よく行きすぎ
    100回騙されるとの帯に一番騙されました

  • うーん 設定は面白くなる感じだったんだけど、なかなか感情移入できず。
    100回騙されるっていうのもなんでこんな煽り文句つけたんだ逆にがっかりしちゃうじゃないか、と思いました。普通に青春小説でいいのに。

    流れが想像できすぎるので、驚きはなかったものの、さらっと読めてちょっと感動。

    長岡と言えばあれだよねー。

  • 知念実希人『屋上のテロリスト』光文社文庫。

    一種の歴史改変小説であろう。1945年、ポツダム宣言を受け入れず、東西に分裂した70年後の日本を舞台に繰り広げられるサスペンス。

    学校の屋上から飛び降り自殺を図ろうとしていた彰人の前に現れたのは壮大なテロを仕組む美少女の沙希だった…

    最初からハッピーエンドが見えており、広げた風呂敷をどう畳むのかという興味だけが残るストーリーで、最終的には巧くまとめたという感じだった。

    自分が知念実希人を読み始めたのは、デビュー作の『誰がための刃』というハードなサスペンス小説が面白く、その将来性に期待したことからだ。しかし、以来ハードな小説は皆無で、少し残念な気持ちになっている。


  • ポツダム宣言を受諾せず、東西が分断したIFの日本を舞台にした王道のエンテメ小説。爽快感があり、畳み掛けるドミノ倒しのような展開はテンポがあって一気に読めた。

    世界をぶっ壊すという期待通りの爽快感は存分にあるが、その反面、スリルや不安感などには乏しく、基本的には財閥の娘による財力パワーと人脈パワーで話が進むため、駆け引きめいたものが一切なかったのには興ざめしてしまった。特に少女の仕掛けた計画の中での、重要人物とのコネクションは全て少女自身の人格による口説き落としというのは、ややご都合主義的で説得力に欠けている。

    少女のキャラも奇抜に見せかけて、世界に馴染めない少年少女の邂逅というある種のテンプレートであり、馴染みやすくはあるもののオリジナリティは感じず、逸脱してもいないので面白みに欠ける。少女に限らず、キャラクターは全体的に書き割りめいた印象である。特に主人公の彰人はキャラクターがあまりにも普通過ぎて、物語の主人公としてはパンチに欠ける。自殺悲願者とでもいうべき面白い設定ではあるものの、それがほとんど付け足しのようにしか感じず、少女と関わる動機にしてもいまいちインパクトがない。ようはファッション自殺の厨二病の高校生で、それはそれで構わないのだが、世界をひっくり返すだけの異常性やどこか壊れた感じが見受けられなかったのが残念だった。少女から言い渡される傍観者の役目もそうだが、本当に傍観者として終わるとは思いもせず、この辺はガッカリしてしまった。傍観者を義務付けられたことによる無力感や理不尽さなどもなく、これではただただ普通の少年が事態を眺めていただけにすぎない。ならば最初からこういう設定にせず、完全に普通の高校生でも良かったのではないかと思うし、それで特に話に支障もないので、設定を活かしているとは言い難い。

    少女の沙希も最初はミステリアスだったものの、蓋を開けてみればスペック以外はあまりにも普通で、常人と一線を画した部分がまるでないのは残念だった。無垢な少女による世界の革命というのが描きたかったというのは分かるが、それにしては葛藤も薄く、全体的にあっさりしすぎている。少女の行為の正当性に対する疑問や、事態が逼迫して取り返しのつかなくなっていくことへの不安感を感じなかったのは、少女に悪意を感じなかったからだろう。少年少女ともに普通すぎたため、たぶん人死にもなく綺麗にまとまるという変な安心感があった。謂わば安全圏での革命であり、爽快感があった代わりにスリルを演出するための怖さが犠牲になった気がする。そもそも死にたがりの高校生とテロを計画する少女という組み合わせで、二人の関係に異常性や壊れた部分が一切ないというのは肩透かしに感じてしまった。

    伏線を張った箇所はほぼ全て途中で分かってしまい、仕込みは鮮やかではあったが特に騙されはしなかった。ただ分かりやすいということは印象に残りやすいということでもあり、読者も覚えているためパズルがハマっていくかのような分かりやすい快感はある。ただ、ある程度読み慣れた読者には子供騙しに過ぎない。少女が仕込んだ大統領側のスパイもバレバレで、官邸サイドで名前の出ている人物が少ないため特定が容易なのと、一番裏切りそうにない人物を考えれば自ずと正体は分かってしまう。唯一天然痘の部分だけは分からず、そのひっくり返しも面白かったので、こういう医療ウンチクのひっくり返しはもっと読みたかったように思う。

    舞台である分断された日本という奇抜な設定は非常に素晴らしく、面白い設定なのだが十分に活かしきれておらず、単なる革命をやるための舞台装置でしかなかったのは非常に残念だった。こういうIF歴史を舞台にした時の醍醐味は現実の世界との差異であり、もう少し西日本や東日本の文化や風土の違いをイマジネーション豊かに描いて欲しかった所である。舞台が魅力的なだけにこのあたりはとても惜しい。わざわざこういう設定を用意したからには、東日本と西日本の文化の違いによる壮大なひっくり返しがあるものだと期待して読んでいたのだが、あてが外れてしまった。

    文章はクセがなく読みやすいが、「◯◯は××〜した」という表現が多すぎる。例えば99頁の中では4回も沙希は××した〜というのが会話文の後に添えられており、このあたりは削ってしまったほうが読みやすいように感じる。全体的に副詞も多く、平易ながらも少々無駄が多いように感じてしまった。読みやすい文章ではあるのだが、ここまで説明しなくてもいいとは思う。

    長々と書き連ねたが、文句や不満点が沢山あるのはそれだけ熱がこもった作品だからこそで、読者としても厚く返答するのが読み手としての義務だろう。つまりは読み応えがあったことの証左でもあり、決して駄作ではなく時間を無駄にしたとも思わない。リアリティの面では好みが非常に分かれるだろうが、爽快感に極振りした青春エンタメとしては悪くないとは思うし、こういう真っ当なハッピーエンドを奇をてらわずにしっかり描ききるのはとても素晴らしいことだと思った。

  • 1945年8月15日、ポツダム宣言を受け入れなかった日本を舞台にした内容と言うことで、内容に惹かれて読んでみた作品。
    現役医師の書く医療ミステリーが人気の作者の新しい部分を読んだ気がする。
    東西に分裂した日本を、「アメリカVSソ連」「韓国VS北朝鮮」などの関係性を反映させて描いているので、分かりやすいが、逆に中途半端に架空な感じ。
    その中途半端に架空の東西日本を、一人の女子高生がテロを使って統合しようとする話。
    ミステリーでもないし、SFでもないし、アクションでもないし、かと言って、「テロ」と言ってもパニックものでもない。何とも不思議な内容。
    ま、架空の話として読むのが一番無難なのかも。
    こういう作品もありかな、と。
    一つだけ言えるのは、やはりこの作者との相性は良くない。

  • 戦争とか政治なんかを題材にしている割に軽い感じで、おっさん達の青春小説でも読んでるみたいな感じでした。高校生達は、ツンデレジジイたちの仲人と言った感じ。やっぱりこの方の本は医療を題材にした話の方が好きかなぁ。

  • 【ネタバレ含む】知念さんの作品は爽やかでいいですね。
    帯に「100回騙される」とあったので、
    どんでん返しを期待したけれど特になく、
    すんなりストーリーは進んでいったかな。

    打ち上げ花火もゴールデンスランバーみたいだったし、
    ベルリンの壁崩壊を再現しているあたり、
    ストーリーが読めてしまったのはちょっと残念。

    それでも、最後まで楽しめたのは
    沙希がかわいく魅力的だからかな。
    どちらかというと映画で楽しみたい作品。

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

知念 実希人(ちねん みきと)
1978年、沖縄県生まれ。医師。2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。その他の作品に『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』改題作)、『優しい死神の飼い方』(死神シリーズ)、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなどがある。
近刊として2018年9月刊行の『ひとつむぎの手』。

屋上のテロリスト (光文社文庫)のその他の作品

知念実希人の作品

屋上のテロリスト (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする