蛇王再臨: アルスラーン戦記13 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775599

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語の終わりに向けて坂を駆け上がっていく一冊。続々と出揃ってくる登場人物から、辿り着く先を感じさせられた。物語の終わりを見届けたいと思うのは銀英伝を覚えているからかもしれない。

  • 相変わらず魔物編はつまらん。

    しかし、あの人が死んじゃうとは。

    このまま盛り上がらず終わってしまうのか?

  • 十六翼将がついに勢揃い。

    蛇王復活

    あさかあの人が死んでしまうなんて!という衝撃の巻でした。

    主要人物が死に出すと、そろそろ物語も終盤なのかなぁ?なんて考えてしまいます。銀河英雄伝説でもそうだったのでw

  • そろそろ分からなくなってきた!というと身もふたもないが、チュルク、シンドゥラの策動にミスルの政変、そしてトゥラーン人の暗躍と、目まぐるしい周辺諸国&人物模様に、少し整理が必要。正直、蛇王の再臨が霞んでしまった。

    そして、ついにアルスラーンの元に集った十六翼将。そして、ついに始まった「みなごろしの田中」の本領発揮。というと物騒だけど、大河小説に於いて人の生き死にはそのままドラマなので仕方ない。出来得るならせめて印象深い死に様を、と思うけど、ちと敵味方ともにアッサリ感ある人が多し。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

日本を代表するSF作家。『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』『創竜伝』などが有名。

田中芳樹の作品

ツイートする