酔ひもせず: 其角と一蝶 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルに釣られた本だが、江戸時代中期の吉原の華と闇に溢れて情緒があり面白かった。
    俳諧師の其角が主人公で、相方の曉雲は絵師であり幇間。そんな二人が吉原で動く犬の屏風の謎、消えた太夫を巡る騒動を探る。
    登場人物が魅力的であり非常に読んでいて楽しかった。ミステリ的には物足りない感じがするが読了感は良かった。

  • 芭蕉の高弟である俳諧師の其角は、絵師の多賀朝湖(後の一蝶)の魅力にひきつけられ、9歳年上の彼と友だち付き合いをするようになる。
    朝湖は狂雲堂と名乗るたいこもちでもあり、吉原では知られた存在だった。
    ある日、吉原の遊女がもらった屏風に描かれた子犬が動き、それを見た遊女が次々と消える事件が起きた。
    謎を追う二人は事件の真相に迫るが…。

    其角と一蝶のコンビが良いです。
    頭は切れるが不器用な其角と、理屈ではなく情で動く豪放磊落な一蝶。
    蕉門のまとめ役ながらも周囲に溝を感じて屈託のある其角は、人を惹きつけるがそれでいて心にどこか暗闇を抱えている一蝶と一緒にいると、自然と振舞うことができ本当の自分になれる。

    ブロマンス風の二人の絆には少しモヤモヤしますが、このお話の見どころは遊女たちの哀しい生きざま。
    苦界に身を沈めた遊女たちの儚くも美しい恋や外への憧れ、そして諦観。
    ささやかな幸せを求めながらもお互いを思いやる遊女たちの姿は胸につかえ、深い余韻を残します。

    そして、謎がきれいに解かれ、次巻ではまた二人が事件を解決していくのかと思いきや…後日談は唐突であっさりしすぎていて不満が残ります。
    暁雲が背負う過去の解決は膨らませれば一冊にはなるのに、数頁で終わってしまってもったいない。
    もっと、二人が酒を飲みながらわちゃわちゃして事件に遭遇するお話が読みたかった!

    二人が友人になるまでの前日譚が刊行されているようなので、そちらも読んでみようと思います。

  • 吉原で生きる女達の意思が際立つ。
    其角と一蝶、いいコンビなので、シリーズ化して欲しい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする