群青のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775841

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カノンシリーズ。「○○の」の部分は同じなんだと思っていたけれど、実は違った。1冊目は「碧空の」だった。
    自衛隊の音楽隊ってそれ専門で所属しているんだ、自衛隊の話とブラバンの話が一緒に流れていくような感じで面白い。そして一緒に流れるレンアイ話も。

  • ミステリーとしての謎はそう大がかりなものではないですが、このシリーズはキャラがいいですね。なんかこう渡会三曹がかわいそうになってきました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1967年神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアを経て、2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。著作に、『TOKYO BLACKOUT』『オーディンの鴉』『ハイアラート』など。

「2018年 『黄金の代償』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群青のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2 (光文社文庫)のその他の作品

福田和代の作品

ツイートする