ごんたくれ (光文社時代小説文庫)

著者 : 西條奈加
  • 光文社 (2018年1月11日発売)
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775971

ごんたくれ (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裕福な商家に生まれたが火事で一文無しになり、奉公に出された米屋を出奔、旅の砂絵師に師事して絵師となった、豊蔵・深山筝白。
    武士の家に生まれるが家族との軋轢を抱え、家督を弟に譲って円山応挙の弟子となった、彦太郎・吉村胡雪。

    片や、“変人”“狂人”と罵られ、片や尊大で身持ちが悪いと評判の『ごんたくれ』
    会えば憎まれ口、皮肉の応酬で、喧嘩ばかり。
    しかし、相手の絵には大きな魅力を感じるのを認めざるを得ない。
    悔しいがうっかり褒めてしまう。
    読んでいくうちに、だんだんと二人が可愛らしく感じられてきた。

    絵を描くことに限らず、芸術は孤独な作業であり、憎しみと区別のつかないほどのライバル心があってこそ上達するものだ。
    その人物評がどうであれ、作品がすべてなのである。
    しかし、「職人でいい。職人でありたい」と言った応挙の言葉も、悪くはないと思う。
    人が喜んでくれれば、それは絵師の喜びでもあるだろう。

    最後に、彦太郎、豊蔵というごんたくれたちが、それぞれ仕掛けた、一世一代の“悪戯(イタズラ)”が、なんとも素晴らしく人を食っており、それでいて、実に愛おしいものだった。
    とても気持ちのいい幕切れである。

  • 京都に住む画家。筝白と胡雪、ごんたくれの二人は絵図ではなく絵を描こうとする。二人の人生が交わるたびに彼らの絵が変わる。彼らの心意気にだんだん引き込まれていく。
    応挙や若冲が出てくるので実在の人かと思ったが、創作の人だった。読みながら彼らの描いた絵が目の前に浮かんでくる。美しい絵、恐ろしい絵、静かな絵、迫ってくる絵、楽しい絵。ふと 若冲の絵がテレビを賑わしていたのを思い出した。

  • 面白かった!
    江戸時代の絵師たちの物語。
    深山と吉村。反発しながらも互いに認め合い、高め合っていく。関係性が素敵でした。
    全体的に人情味溢れていて気持ちがいい作品だった。

全3件中 1 - 3件を表示

西條奈加の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

ごんたくれ (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする