黒猫の小夜曲 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.88
  • (31)
  • (61)
  • (41)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 568
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775988

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒毛艶やかな猫として、死神クロは地上に降り立った。町に漂う地縛霊らを救うのだ。記憶喪失の魂、遺した妻に寄り添う夫の魂、殺人犯を追いながら死んだ刑事の魂。クロは地縛霊となった彼らの生前の未練を解消すべく奮闘するが、数々の死の背景に、とある製薬会社が影を落としていることに気づいて…。迷える人間たちを癒し導く、感動のハートフル・ミステリー。

  • 黒にゃんこが死神なのです‼︎
    それだけで読むのにウキウキしちゃう⭐︎
    そして本格ミステリ!
    迷っている魂を送る度に謎が謎を呼んで、謎が解けていく。
    あーっという間に読めてしまう面白さでした♪

  • ちょっとキザな黒猫は
    なんだか笑ってしまうけど、
    読み終わった後は、いい気分だった。

    自分のところの黒猫は、
    猫集会の猫達と同じようでも可愛いが、
    きっと言葉を話す黒猫も
    可愛いんだろう。

  • 自分が読むには少し可愛過ぎた内容かもしれないw
    ストーリー展開も上手いし、文章も読んでいて馴染みやすいと思う。泣かせる所もある。
    敢えて言うなら最後の緊迫した場面が少し物足らない気がする。現実的にあり得そうな展開と一捻りが有ればと思う。

  • 「優しい死神の飼い方」の犬の次は猫です。面白いのは同じでこちらの方が展開が自然です。

  • 知念実希人『黒猫の小夜曲』光文社文庫。

    シリーズ第2弾。オムニバスと思わせて、一つの大事件に発展するのは毎度の手口。ミステリーを感じさせ、ホロリとさせるのも毎度のこと。残念ながら、ずっと知念実希人の作品を読み続ける読者にはそろそろ飽きの来る手口なのだ。

    死神のクロは町に漂う地縛霊を救済するために、黒猫に姿を変え、この世に舞い降りる…

    未だにデビュー作の『誰がための刃 レゾンデートル』が最高傑作と思っている自分には、この手の雰囲気は苦手なのだ。

  •  同僚と同じく、仮の姿で人間界に降り立つことになったクロ。最初に出会った魂はなんと記憶喪失だった。

     こちらも勧められて読んだ。『優しい死神の飼い方』に出てきた外国かぶれのあの同僚が今作の主人公となっている。全体としてのミステリー感は今作の方が強めか。呪いの正体はなるほどなぁと。

  • 今回地上に送られて来た案内人は黒猫の姿。
    レオと同じに猫の本能にはあらがえず(笑)
    最初の、残した妻が気がかりで「主様」のところへ行く
    ことができない男性の魂の話が美しい。
    その次の、妻を殺された男を取り調べた刑事の魂の話。
    それが、最後まで大きく関わってくるとは。
    前作に登場のレオとの遭遇もあってほっこり。
    クライマックスは、今回も汚れきった魂との対決。
    他者を思う心は、強い。
    そして美しい。
    もちろん、それは、人だけでなく。
    最後の上司との会話に、心の中でガッツポーズ。
    いつか、続きが読めたら嬉しい。

  • 知念実希人さん「黒猫の小夜曲」読了。シリーズ二作目、今回は黒猫の体を借りて『我が主様』のもとへ魂を送る死神の物語。主人公は前作レオの知り合いで、論理的に物事を考える死神クロ。カラスに襲われていたところを助けられた地縛霊とともにあるお家に入り込むのだが。。面白かったです。前作と比べて地縛霊のつながりが複雑で、ミステリー色が濃いように思いました。黒猫の言葉遣いや行動が面白く、物語が進むにつれて徐々に考えが変わってくるところやラストの『仕事』については、心が温かくほっこりしました。また続編、読みたいな。

  • 死神シリーズ第二弾。前作が犬で今作が猫。前作同様に面白かったが第二弾ということで前作ほどのインパクトは無かった。
    あらすじ(背表紙より)
    黒毛艶やかな猫として、死神クロは地上に降り立った。町に漂う地縛霊らを救うのだ。記憶喪失の魂、遺した妻に寄り添う夫の魂、殺人犯を追いながら死んだ刑事の魂。クロは地縛霊となった彼らの生前の未練を解消すべく奮闘するが、数々の死の背景に、とある製薬会社が影を落としていることに気づいて―。迷える人間たちを癒し導く、感動のハートフル・ミステリー。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

知念 実希人(ちねん みきと)
1978年、沖縄県生まれ。医師。2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。その他の作品に『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』改題作)、『優しい死神の飼い方』(死神シリーズ)、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなどがある。
近刊として2018年9月刊行の『ひとつむぎの手』。

黒猫の小夜曲 (光文社文庫)のその他の作品

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

黒猫の小夜曲 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする