生ける屍の死(下) (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.61
  • (5)
  • (18)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 210
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334776749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死者が甦るという現象がアメリカの各地で発生したことが主軸の舞台となる特殊設定ミステリ。最初は設定が突飛すぎて読もうかどうしようか悩んでいたのだが、いざ読み進めてみるとこれが滅茶苦茶面白い!死んだ人間が甦るわけだが、死者には死者なりの悩みや葛藤がありそこには勿論生者の思惑も絡んでくる。途中まではしっちゃかめっちゃかの乱痴気騒ぎの無礼講パーティーという有り様で、この五里霧中状態にどんな収拾をつけるのか気になって気になって頁をめくる手が止まらなかった。そうして最後に告げられた犯人の名を示す手掛かりは、きちんと作中に散りばめられていたのに全く気付かなかった。うーん、見事にしてやられた!でもこの感覚が最高に気持ちいい!

  • 下巻に入ってからは、もう誰が死んでて誰が生きてるんだかよくわからなくって読んでるほうも混乱。もはやノイローゼ状態のトレイシー警部に同情。結局終盤で彼が言うように「生きてる人間と死んだ連中の思惑が無茶苦茶に絡まり合い、しかも、犯人も、被害者も、目撃者も、それに探偵まで死人だったときてる」のだから始末に負えない。

    最後はグリンが探偵役の主人公らしく一同の前で謎解きしてみせてくれるけれど、それでもなお、何が起こったのか部分的によくわからなかった(苦笑)それもこれもゾンビが多すぎるから!「きちんと死ぬ」ということがいかにありがたいことかよくわかりました。そして掟破りのこの設定で推理小説を成立させることの凄さも改めて認識。単に奇想天外な設定の推理小説というだけでなく「死」について、真面目に考えさせられた点も。

    事件が解決しても、ゾンビとなったグリンが元の人間に戻れるわけではない。自らの死因を突き止めた彼に待っているのは本当の死だ。最後の場面でのチェシャとグリンの対話は急に泣けた。こんな切ないラブストーリーある!?チェシャは突拍子もない娘だけどとても可愛くて大好きだったし、グリンも良い奴だった。

    各章ごとに、聖書からビートルズの歌詞まで「死」にまつわるエピグラフが付いているのだけど、エピローグではニール・ヤングの「ヘイ・ヘイ・マイ・マイ」だったのも切ない。「燃え尽きたほうがいい 消え去っていくよりも」It's better to burn out than to fade away・・・これ、カート・コヴァーンの遺書に引用された部分じゃん(泣)と思って調べたらカートの自殺は1994年、この小説より後だった。

    その他、音楽関係の引用が文章の中にもちょいちょいあって、それも個人的にはとても好みだった。例えば「昔ルー・リードがしていたみたいな、細くぴったりした広角度のサングラス」とか、ロックじゃないけれどメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」についてのエピソードが出てきたりとか、そういえばこの曲『ヨハネ黙示録』と関係しているし、個人的に黙示録の感想で「ヨハネ=英語でいうところのジョン」的なことを書いたけれど、これ、ある意味本書では伏線的なことにもなってた(笑)

  • 名作と聞きつつ、中々機会がなく読めていなかった作品。自分には合わなかった。アメリカが舞台で登場人物の名前が覚えきれず、読むのに疲れてしまった。
    謎解き解決からラストシーンに向けてはかなり疾走感があるが、そこまでが長い。また、生者の世界で死者の考えに想いを馳せないと、それぞれの考えが理解できず、真相にたどり着くのは難しい。

  • この作品を余すことなく楽しむには私の知識量が少ないんだろうな、という小ネタ?的なのは感じた。
    本質は多分あと何回か読まないとちゃんとした感想に至るほど理解出来ていないと思う。それでもグリンは好きだし、キリスト教系の学校に行っていたので聖書はとりあえず読んだことはあったし(章節を表しているのに気付かなかったのは本当に悔しかった)、生屍複雑になるのは予想してたけどなる程と思えたし、何よりもピンクの霊柩車で帰ってきてピンクの霊柩車で出ていく、きちんとまとまって終わっているのが嬉しかった。

  • そうきたか!っていう意外性にやられた。
    動機がかっ飛んでて、ポカーン。
    はー、そうでしたか。
    はー。
    そんな感じでした。

  • やっと読み終わった……

  • (上/下)米国東部の田舎町で霊園を経営する一族の長、スマイリーは死に瀕していた。遺産を巡り不穏な空気が漂うなか次々と殺人が起こる……が、そもそも全米各地では死者の甦り現象が発生中で……。探偵役となるパンク青年グリンが真っ先に毒殺されてしまって呆然とし、死者が甦るという奇天烈な世界で密室とかトリックとかロジックはもはや無意味?と思っていると合理的な謎解きがきちんと用意されていて改めて感服。冒頭グリンの読む本がミール・バハドゥール・アリ著『アル・ムターシムを求めて』だったりする等、凝った小ネタの数々も堪らない(1989)

  • 新装版で復活。
    確かこれだけは昔読んだ記憶があるのだが、別の本だったかもしれない……。
    何を書いてもネタバレになりそうなので内容への言及は避けるが、面白いので皆買うといい!

    光文社文庫で纏めて再刊されるようで、そちらも楽しみにしている。

全11件中 1 - 10件を表示

山口雅也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×