いちばん悲しい (光文社文庫)

  • 光文社
3.46
  • (6)
  • (16)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 272
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334779184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己憐憫に酔いしれ、誰もが悲劇のヒロイン。
    私が一番可哀想。
    私が一番悲しい。
    私は何も悪くない。

    狂気ではなく、当たり前のようにそこにある感情という所が薄ら寒い。
    ドロっとしているのにサラッと読めてしまう不思議な感覚。

    「こんど生まれたら、お姉ちゃんのあかちゃんになれますように。」
    その言葉と想いが悲しかった。

  • 自分も女であることの
    恐ろしさと尊さがないまぜになっていく
    共感したくないのに心のどこかで共感できる

    湿気の多い日陰の中で行われる女性だけの不幸せ選手権

    もう
    まさきとしかさんの泥沼にハマって抜けられませぬ

  • 途中まではよかったけど、後半突拍子もない闇で、急展開に驚いてしまった。

  • 夫婦。姉と妹。母と娘。呪縛のような人間関係が描かれる。ミステリとしての側面よりも、そこの怖さが主題。

  • 闇が描かれてる。こういうのが好きな私にぴったりだった。大事なのは殺した犯人、動機よりもその関係者たちの心だっていうことがびっくり

  • 母がしんどい系イヤミス。
    親が子に無償の愛をそそぐなんて嘘っぱちだ。子はいつだって親を愛したいのに。

  • 2022/10/06

    いちばん悲しい
    まさきとしかさん。

    おもしろかったー。
    どんどん、引き込まれていった。

    被害者の家族。愛人。
    それぞの立場。
    少しずつ、気持ちも変化していく。

    結末も、失速せず、良かった。

    でも、可哀想だった。

    いちばん悲しい。のは、誰か?

  • 登場する複数の家族(親子関係
    を描いた作品。
    取り柄のないサラリーマンが大雨の日滅多刺しにされる
    事件から始まる。
    被害者には家族がいるが、別に愛人がいたことが発覚。
    (リカっぽくて怖い)
    主人公である女刑事が事件を探っていくと、1年前に行われた多家族でのキャンプ事故にたどり着く。

    いつも通り女性、母親の描き方が非常に狂気的であり
    リアル。

  • 面白かった。
    まさかそんな結末だったなんて…。
    前回同著者のを読んだときと同様、
    驚愕の裏に哀しみがあった。

  • 家族にも疎まれている冴えない中年男性が殺されることから始まる。若い不倫相手、妻など容疑者として浮上し、、とありがちな話の冒頭だが、事件は意外な展開に。女性の内面を抉るイヤミスとのことだが、確かに意外で読後感の悪いイヤミス。しかし割と既視感のあるテーマのように思われた。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。1994年『パーティしようよ』が第28回北海道新聞文学賞佳作に選ばれる。2007年「散る咲く巡る」で第41回北海道新聞文学賞(創作・評論部門)を受賞。
著書に『熊金家のひとり娘』『完璧な母親』『大人になれない』『いちばん悲しい』『ある女の証明』『祝福の子供』『あの日、君は何をした』『彼女が最後に見たものは』などがあり、近刊に『レッドクローバー』がある。

「2022年 『屑の結晶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まさきとしかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×