いちばん悲しい (光文社文庫)

  • 光文社
3.53
  • (2)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334779184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途中まではよかったけど、後半突拍子もない闇で、急展開に驚いてしまった。

  • 夫婦。姉と妹。母と娘。呪縛のような人間関係が描かれる。ミステリとしての側面よりも、そこの怖さが主題。

  • 闇が描かれてる。こういうのが好きな私にぴったりだった。大事なのは殺した犯人、動機よりもその関係者たちの心だっていうことがびっくり

  • 母がしんどい系イヤミス。
    親が子に無償の愛をそそぐなんて嘘っぱちだ。子はいつだって親を愛したいのに。

  • プロローグですでにわくわく。人の不幸は蜜の味というのは本当だなと思うと同時に、こんなにわくわくしている自分が嫌になる(笑)。タイトルとジャケットも秀逸。

    雨の夜の刺殺体。被害者は男性で、どう見ても怨恨。うだつの上がらないサラリーマンなのに浮気していたことが判明。しかも不倫相手は彼が離婚調停中だと信じていたうえに偽名を使われていた。妻は冴えない夫に浮気する甲斐性があるとは夢にも思わず。

    どろどろです。妻と愛人ほか誰にも共感できません。好きになれそうな登場人物といえば女性刑事ぐらい。コンビを組むのは暴言だらけの男性刑事ですが、シリーズ化でもされたらこのコンビは意外に良くなるかもと思えます。

    女性刑事の言うとおり、犯人にたどり着くまでどこを向いても「女」に当たる。女の嫌な部分をありったけ見せつけられます。「私がいちばん可哀想」と言いたがる人に限ってそうではない。


  • 思ったよりぞくっと来なかった
    落ちの感じもうーんって感じだった
    でも途中まで面白かった

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1965年東京都生まれ。北海道育ち。1994年『パーティしようよ』が第28回北海道新聞文学賞佳作に選ばれる。2007年「散る咲く巡る」で第41回北海道新聞文学賞(創作・評論部門)を受賞。著書に『夜の空の星の』『完璧な母親』『きわこのこと』など。

「2018年 『玉瀬家、休業中。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まさきとしかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×