パリが教えてくれること (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334780173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時間帯によってつけてはいけないジュエリーがあること、初めて知りました。パールだけは許されるそうですが…

    パリジェンヌの着こなしは高度すぎて真似できないような…髪や瞳、肌の色も違いますし…

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

横浜生まれ。上智大学外国語学部、同大学院仏文科修士課程修了。在学中にフランス政府給費留学生として渡仏。フランス語の翻訳家・教師を務めるほか、女性誌の連載などの執筆、講演などで活躍。恋愛、生き方、美容、ファッションなど様々な分野で、フランスと日本両国の事情に通じた女性ならではの視点を生かしたエッセイやトークが人気を集めている。訳書に、『ロスチャイルド家の上流マナーブック』『マダム・クロード 愛の法則』『ロスチャイルド夫人の愛される女性の法則』『幸せはいつも素顔』『心の翼を休めて』、著書に『パリが教えてくれること』『ベアトリス夫人の美しい生きかた』『パリおしゃべり散歩』『Mamanが教えてくれたこと』『美しく生きるためのレッスン』『愛される人と愛されない人の法則』『ナチュラルエレガンス』『エレガントな幸福論』など。最新刊(訳書)に『親子で読む地球環境の本』がある。

「2018年 『年をとるほど愛される女になる方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パリが教えてくれること (知恵の森文庫)のその他の作品

パリが教えてくれること 単行本 パリが教えてくれること 伊藤緋紗子

伊藤緋紗子の作品

ツイートする