高橋是清と田中角栄―日本を救った巨人の知恵 (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334781453

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    男が生きにくくなった時代に、こんな「凄い奴」がいた。
    「だるま宰相」高橋是清と、「今太閤」田中角栄。
    波乱万丈、戦い続けた「巨人」二人には驚くべき酷似点があった。
    放蕩三昧もあったが、常に「公的利益」を優先、また勤勉だった。
    この二人の男の生き方に、今の閉塞社会を打ち破る多くのヒントと、生きる知恵が発見できる。
    この本を読めば、元気が出る。

    [ 目次 ]
    1章 凄い奴―「苦労」だけの青春時代
    2章 放蕩三昧に「美学」あり―“政治をやれば、総理となる男”
    3章 「実学」を生かす―高橋是清と田中角栄の無名時代
    4章 「雌伏の時代」に何をしたか―どんな苦境でも“七分の力で一二〇%の力を出せ”
    5章 ポスト・肩書に執着するなかれ―知事のイスも蹴った恬淡さ
    6章 「来るを捉える」人生とは―“苦しいとき、逃げ出す奴はダメだ”
    7章 「昭和金融恐慌」と「平成デフレ」―二人は、どうリーダーシップを大胆、果敢に発揮したか
    8章 「高橋蔵相」「田中蔵相」にみる発想の大転換―“財源はいくらでもつくれる”秘策とは
    9章 「人事の要諦」とは何か―絶妙の「チェック・アンド・バランス」
    10章 「公的利益」まずありきの精神―何事にも「全力投球」で臨んだ
    11章 「危機管理」決断と実行のノウハウ―「景気」特効薬 どう投与したか

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

政治評論家。1941年、東京都生まれ。早稲田大学第一商学部卒業。的確な政局・選挙情勢分析、独自の指導者論・組織論に定評がある。執筆、講演、テレビ出演など幅広く活動。

「2021年 『田中角栄 上司の心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林吉弥の作品

高橋是清と田中角栄―日本を救った巨人の知恵 (知恵の森文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×