悩ましき買物 (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334781675

作品紹介・あらすじ

「買物は、買って満足、それで終り、ということなら人生は簡単である。ところがなかなかそうはいかない」。カメラ、時計、鞄、靴、骨董…、満足と後悔、楽しみと悩みは、つねに背中合わせだ。モノを買うという行為を通じて「厄介な生きもの・人間」を描く、実用・哲学エッセイ。著者自身の手による装画も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • お買い物は「悩ましい」。
    特に男性の気持ちを知ることができて、興味深かった。
    こだわりや好きなものがあると、人生は楽しいけれど、時には悩ましいものなのですね。でもその悩ましさもまた楽しかったりして。

  • これと鹿島茂さんの『衝動買い日記』を併せ読めばどうなる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1937年横浜市生まれ。美術家、作家。千円札事件被告。1981年『父が消えた』(筆名・尾辻克彦)で第84回芥川賞を受賞。著書に『櫻画報大全』『東京ミキサー計画』『老人力』『日本美術応援団』など。

「2015年 『赤瀬川原平漫画大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悩ましき買物 (知恵の森文庫)のその他の作品

悩ましき買物 単行本 悩ましき買物 赤瀬川原平

赤瀬川原平の作品

ツイートする