アジア怪食紀行―「発酵仮面」は今日も行く (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
3.42
  • (4)
  • (4)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334782665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小泉先生は、発酵学の大家である。だから、発酵仮面なのだ。
    その人が、アジアの料理を貪り尽くす。
    発酵仮面は、鉄の胃袋を持って、貪欲に食べる。
    縦横無尽というか、
    ラオス、ベトナム、韓国、モンゴル、ウイグル、ミヤンマー、
    中国とアジアを駆け巡る。
    好奇心の塊で、その地元の珍しい食材を、
    地元の調理法で、喰らうのである。
    カイ・ルゥク、イシガメの蒸し焼き、大ネズミの燻製、
    ブタの血豆腐、ヒツジ料理、ナマズ料理。
    砂トカゲの姿焼き、センザンコウの炒め物、ヘビ料理、イヌ料理。
    全体で話題は、動物系食材ですね。
    植物についての珍しいものがない。

    ラオス、タイはメコン川の流域で、川魚の宝庫。
    それを巧みに、香辛料やバナナの皮で、匂いを消して、
    ニョクマム(魚醤)で、味付けをする。
    辛い料理が多く出てくるが、なぜそのようになったのか
    が、あまり歴史的に考察されない。
    食の歴史的な考察するというスタンスはないのが、軽薄でいい。

    食とは、おもしろく、楽しめればいいのだ。
    こうやって、考えると、ニンゲンは、食に対して保守的である。
    何で、そこまでして、〈食〉の冒険家にならなくてはならないだろう。
    たしかに、小泉文体は、軽快で楽しいく、読みやすい。

  • 擦り切れるほど読んだ一冊。元々あった食への興味がこの本で完全に目覚めた。見たことも聞いたこともない食材の数々が洒落混じりの快活な文体で描かれる。トカゲやら蛇やら未知の発酵食品やら・・・食文化に興味がある人もない人も手にとって損はしない。

  • 今度のホーチミン行きのお共に、と考えております。

  • 何でも食べる小泉さんの怪食紀行。。

    ベトナム、ミャンマー、中国、韓国、モンゴル…。
    ほんとにどこでも何でも食べる食べる。
    何でも、というよりむしろゲテなモノを選んでいる。。

    虫からトカゲから犬から、内臓から爪の先までホント何でも。

    でもそれは私たちが普段食べるものとして目にする機会がないから
    ゲテと思うだけで、現地の人々は当たり前のように昔から食べていて
    しかもそれは医食同源だったりする。
    食べるには理由がある。

    ただゲテを紹介するだけじゃなくて、その裏側の人々の暮らしなんか
    も紹介されていてとてもおもしろかったです。
    もちろん、どんな味がするのか、どんな食感がするのかなんかも
    詳細に書かれていて楽しめます。。

  • これもすぐにでも旅に出たくなる本。国内ではガラスの胃腸なのになんで海外だとチャレンジしてしまうんだろう・・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

アジア怪食紀行―「発酵仮面」は今日も行く (知恵の森文庫)のその他の作品

アジア怪食紀行 単行本 アジア怪食紀行 小泉武夫

小泉武夫の作品

アジア怪食紀行―「発酵仮面」は今日も行く (知恵の森文庫)はこんな本です

ツイートする