ウツな気分が消える本 (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
2.57
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334782818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず「ウツになりやすい人は感受性が強くて、普通の人が感じないことも悩みの種にしてしまうような性格の人が多いのではと思っていませんでしたか?」の一文に惹きつけられました。
    私が正にそういう性格だからです。

    でもこの本によると、それは大間違い。
    それとは逆に、学業に秀でて、仕事もテキパキとこなすようなタイプの人にウツが忍び寄っているというのです。

    はじめの言葉にひきつけられて読みましたが、内容的には感情と脳との関連性を書いた部分が多く、そこはほとんど飛ばし読みしました。
    でもいくつか興味深いお話があったので紹介すると・・・。

    とにかくストレスをとるには「好き嫌い」という感情的な思いが大切だということ。
    人間は、好き嫌いがないと判断できない。
    そしてその好き嫌いには直感も必要な場合がある。
    その直感をどのように鍛えるのか-。

    ①いろんな事にアンテナを張りめぐらし、ちょっとした事態の変化をなるべく早く発見し、計画や決定を修正する。

    ②物事について自分で判断する練習を欠かさない。

    ③自分の直感がどのくらい当たるのか、いつもチェックすること。

    そして、この本には運が強いというのは、何かを直感的にやるときに成功の確率が高いということ。
    直感は自信があると当たります。
    ともあります。
    自信があるということは、その直感に対してある程度成功するという理論が頭の中で裏づけされているということかも知れません。

    あと最初のウツになりやすい人、そうじゃない人という話に返れば、ちょっとした事でも感動、感激に浸るほうが良いそうです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年、静岡県清水市生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。ニューヨーク州立大学大学院助教授、浜松医科大学教授を経て、現在、同大学名誉教授。医学博士。テレビ、ラジオ、全国の講演を通じて、心と体の健康に関する幅広い啓蒙活動を積極的に行っている。主な著書に『責めず、比べず、思い出さず─禅と大脳生理学に学ぶ知恵』(コスモトゥーワン)、『長生きしたけりゃ、医者の言いなりになるな!』(朝日新聞出版)、『うつもボケも寄せつけない脳とこころがホッとする健康学』ほか多数。

「2016年 『夫の存在が妻の寿命を縮めている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウツな気分が消える本 (知恵の森文庫)のその他の作品

高田明和の作品

ツイートする