ハイ・ライフ (知恵の森文庫)

著者 :
制作 : 井上 一馬 
  • 光文社
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334783341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いまどきの「セレブ」とは違う「スタイル」を学べる本。実際に「スタイル」についての考察もあり。理想とする淑女像についての記述が秀逸。

    「淑女とは、タフな一面を備えているということである。キャヴィアも食べるが肉やポテトも喜んで食べる女性。つまり、思いやりと忍耐力を兼ねそなえるとともに、けっして自分の心を偽らない毅然たる一面をもっている女性のことである」

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「毅然たる一面をもっている女性のこと」
      矜持を失ってはいけないと言う点では、男も女も一緒かぁ、、、
      「毅然たる一面をもっている女性のこと」
      矜持を失ってはいけないと言う点では、男も女も一緒かぁ、、、
      2012/09/25
  • 特に前半、登場人物への知識がないため、嫌味なのか本当に絶賛しているのかもわからず。後半、ゴシップよりもノーブレスオブリージュの精神があちこちに垣間見えてからが面白くなった。元・ケネディ&オナシス夫人のジャクリーンとその妹について読んでみたいと思っています。作中に何度か名前の出てくるカポーティも「叶えられた祈り」をこんな感じで描きたかったのかもしれない。でも書いても許される人と許されない人がいるってことなのでしょうか。

  • ヨーロッパに上流階級の生活を、うまく・おもしろく描写。原書が書かれたのは、1984年で、二昔まえ!

全3件中 1 - 3件を表示

タキの作品

ツイートする