選ばれて幸せになる7つの法則 (知恵の森文庫)

著者 : 石井希尚
  • 光文社 (2005年11月8日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334783723

作品紹介

カリスマ・カウンセラーとして数多くのカップルの相談を受けてきた著者が、「女と男の感情ギャップ」を解き明かし、「たった一人の女性」になるための秘訣を教えてくれる。

選ばれて幸せになる7つの法則 (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    カリスマ・カウンセラーとして数多くのカップルの相談を受けてきた著者が、「女と男の感情ギャップ」を解き明かし、「たった一人の女性」になるための秘訣を教えてくれる。

    [ 目次 ]
    第1章 わけわかんね~!って言われたことありませんか?(気づくのを待つ女と、言われないと気づかない男;男は裁判官で女は体温計)
    第2章 ウルトラマンvs.シンデレラ(男は誰でもウルトラマン;女はみんなシンデレラ ほか)
    第3章 こっちむいて症候群(何がなんでもこっちを向いているべき;世界の中心で愛を叫ぶ ほか)
    第4章 だからあなたは選ばれない(怒る理由がわからない女性たち;自分というスタンダード ほか)
    第5章 選ばれる女の7つの条件(かわいい女;安らぎを与えてくれる女 ほか)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 読んでムカッとする前に違いを知りましょう、とアマゾンに書いていましたが、まさに読んでてムカッとします(笑)というか、なんだか責められてる感じがして。
    個人的には、ジョン・グレイの「ベストパートナーになるために」が読めれれば、読まなくてもいいかなぁ。

  • 結婚前に、なぜか夫がくれた本。

    「男は誰でもウルトラマン」「女はみんなシンデレラ」

    非常に分かりやすいです。
    夫は、たぶん自分のウルトラマンぶりを正当化するために、
    この本を寄こしたのでは(笑)

    「だからキミは駄目なんだよ~」と言わんばかりの口調が、
    苦手な人もいると思います。
    ですが、未婚・既婚にかかわらず、多くの女性にとって
    たぶん参考にはなる内容かと。

    うちが今のところ平和に暮らせているのは、
    こういうことをしないからなのかもな、と思いながら読みました。

    「こっち向いて症候群」と著者が呼ぶところの「選ばれない女性」に比べ、
    著者の奥さんがどれだけ素晴らしい女性なのかってことを
    言いたいだけちゃうんかと思う場面もありますが。

  • 「この人と結婚していいの?」は目からウロコだったけど、それで終わりでよかったのでは??
    うーん。こういう本たくさん読んで、知識としてわかってる私に、諭す口調でいわれても…、そんで「だから君はダメなんだ」と言われてる気分…、読んでて眉間にしわが寄った。
    私ができてないのを指摘されて嫌な気分になったのかも、だけど。
    復習程度。

  • 「この人と結婚していいの?」の次にこれを読みましたが、この本はちょっと毒が強い感じ。
    初めて読んだのがこれだと、著者を誤解しそうなくらい。
    著者のファンの私も、読んでいて、「ちょっとこの言い方はないよな〜。」なんて思いました。
    「この人と結婚していいの?」を先に読むことを強くおすすめします。

    でもやっぱり、大事なことにたくさん気付かせてもらって、役に立ちました♪

  • ハウツーもののステレオタイピングって嫌いだし、著者の語り口もあんまり好きじゃないけど、自分の姿を鑑みる必要を思い起こさせてくれるから、たまに読み返す。あ、わたし、こういう失敗してた!みたいな。そういう意味では助けられてるのですね。13 Nov 2006

全6件中 1 - 6件を表示

石井希尚の作品

選ばれて幸せになる7つの法則 (知恵の森文庫)はこんな本です

選ばれて幸せになる7つの法則 (知恵の森文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする