仙人入門 (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334783860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幼稚園児の頃からエスケープがデフォルト状態の生活で、忍者修行、中国拳法の修行、果ては仙人?の修行まで進むという著者の実話、ということだ。
    全ての文章が事実であると信じるのは難しいが、少なくとも著者の認識している記憶としての事実なのだろう。
    人間の感覚は物理的に常に完璧、などとは程遠いようだし、認知・記憶での変容も大きいだろうし、何処までをどう信じるかは読者次第ということか。

  • 170 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/09(金) 23:22:49 ID:yPukJ4TgO
    以前読んだ「仙人入門」(高藤本じゃない方)によると
    答えのわからない質問をされても答えが読めたとか
    住んでた山に誰か入ってきたらすぐにわかったとか
    忍犬とは人間レベルの意思疏通ができたとか書いてあった

    171 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/10(土) 03:53:25 ID:Czpe9ilA0
    その本読んだことないし、多分みんな知らないと思うんで、もうちょっと
    その会話?のシチュエーションとかも書いてくれれば。
    昔修行していた人にインタビューしたものなのか?誰かから伝え聞いた話なのか

    そしてそれが忍者?の話と言っているのか、もしくは山伏とか山ごもりする人の話なのか

    172 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/10(土) 17:38:48 ID:33SHLqBsO
    著者が少年時代に忍者の元で犬と共に修行したって話
    その後中国に渡って仙人の元で修行した話も含めて
    面白いから気が向いたら読んでみてよ

    173 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/14(水) 00:07:25 ID:GwdN5mRc0
    単なる講談っぽい読み物なの?

    >著者が少年時代に忍者の元で犬と共に修行したって話

    著者がせめて明治の人ならまだしも、ちとこの紹介だけをを見たらあんまり読む気にならないな。
    なんかリアリティあるの?

    174 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/14(水) 02:37:10 ID:W03EEHrsO
    内容は実用書とかじゃなくて著者の自伝
    まぁ興味湧かないなら無理に読まなくていいよ

    175 名前:Anonymous 投稿日: 2014/05/14(水) 05:42:03 ID:PFCw.dI60
    >>172を読んで、誰も実用書とは思わんだろう。
    なぜその話が、まったくの作り話じゃなくて本当の話だと思えたのかに興味がある

    忍犬って一般には白土三平の創作って言われてるし
    忍者が飼ってたって以外に、何か特殊能力があったのその犬?

  • 忍者犬を探す気持ちがよくわかるw 子供だったらまじで犬に喧嘩売ってたと思う。
    その後の仙人の話,内家拳については,まじになって極めると人はいろんなことを悟るな,という感想を持った。

  • とてもノンフィクションとは思えない。
    なにせ兄弟子が犬...。

  • マジありえね~~~~って位笑える!!この筆者は小学生の時に忍術の先生に弟子入りして、兄弟子の「忍者犬」から忍術の厳しい指導を受けたそう・・・(爆笑)それもまた衝撃的なおかしさ!!しまいには彼はこの忍者犬と「話」をする事が出来たそうですよ。なんとなく分かるってレベルじゃなく、かなり綿密な打ち合わせが出来るまで(笑)素敵!!
    と虜にされた私にさらなるレベルアップが・・・・著者は中国武術~仙術の修行の道に進み、中国の深山幽谷で仙人と対面、修行を受けたんだって・・・もうレベルが高すぎて想像が追いつかないよ・・・しかもこの本の解説とかマジモードなんですよ。一滴の笑いなしの素晴らしい解説。あとがき・・・。

  • 煩悩まみれの人生に終止符を打つべく購入した本書ですが、読後の感想は・・・
    「これぞエンターテイメントだ!」
    です。

    ニヤリと笑え、ムムムと考え、
    「で、これで実話?フィクション?」
    と浮かぶものの、すぐに
    「ま、楽しかったからドッチでもいいわな」
    と爽やかな気分にしてくれる1冊。

全7件中 1 - 7件を表示

程聖龍の作品

ツイートする