体の記憶 (知恵の森文庫)

著者 : 布施英利
  • 光文社 (2006年7月5日発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334784362

体の記憶 (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳と体に関するエッセイです。
    後半のこころはどこにあるか、や、体の基本は管である、について書かれた章は興味深かったです。
    前半の脳について語られる部分は他の学者さんらの切り貼りといった印象。
    ただ、おっぱいの揺れを研究している教授がいる(中尾喜保氏)事には驚きました。
    何でも究めれば学問になるものなんですね。

  • 死体について書かれている本は、ほとんどが覗き見趣味のグロテスクなものが多い。この本の著者は日常的に死体に接しているからか、死体を特別なものと見てはいないけれど、描写にリアリティーがある。不思議な読後感が残る本だと思う。

  • エッセイ

全3件中 1 - 3件を表示

体の記憶 (知恵の森文庫)のその他の作品

体の記憶 単行本 体の記憶 布施英利

布施英利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

体の記憶 (知恵の森文庫)はこんな本です

ツイートする