ウー・ウェンの芯から元気になる家常菜 体の声を聞く中国の食卓 (知恵の森文庫)

  • 光文社
3.30
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334784454

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作ったのはきのこなべ 餅餃子は溶けるのが遅くてよい。作ろうと思ったもの ハト麦と人参のスープ、セロリと白花のスープ 読物としても文庫で入門編としてよい。

  • テーマは暮らしや料理だけれでも、ちょっとしたことに目を向けるきっかけになります。

  • 甘いものを食べるのは甘えですか!そうですか・・・
    まさに医食同源、こういうことが実践できたらいいなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる医食同源の知恵にあふれた料理が人気。
レシピだけでなく「どうすれば美味しい料理が作れるのか?旬と共に生きるとはどういう事か?」など根本的な料理の哲学について語る本。

「2018年 『シンプルな一皿を究める 丁寧はかんたん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウー・ウェンの作品

ツイートする