ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私 (知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社 (2013年9月10日発売)
3.71
  • (11)
  • (21)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334786335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1979年、4000グラムで生まれた二トロちゃん。
    どこからみても健康な女の子。
    でも本当は少しだけ違っていたのです...。

    アスペルガーの漫画家、沖田×華(おきた・ばっか)さんの小学校~中学校時代の事を綴ったコミックエッセイ。

    率直な感想は「大人酷い、大人最低、二トロちゃんよく耐えたね」だった。

    でも、大人逹、周りの子供逹の気持ちも全然分からないではない。
    二トロちゃんが生まれた頃は発達障害についての知識があまり浸透していなかった。知的障害のない発達障害が認知されてきたのが80年代以降だという(Wikipedia調べ)
    そのため発達障害のある子供やその親は‘なにが原因だか分からない’けど‘なんか他の子と違う’事に苦しんだのではないか。この漫画でも二トロちゃんの母親が彼女に対して酷い、と思われる扱いをするのだが、彼女の気持ちも分かるような気もする。子供がちょっと周りと違うことをすると「しつけがなっていない」「親の顔が見てみたい」と言われる時代(えっ、もしかしたら今も?)。自分の思い通りにならない娘に‘裏切られている’と感じていたのではないか。知識がないばっかりに。その辛さを二トロちゃんにぶつけてしまう。子供というものは心の奥底で「大人は正しい」「大人に愛されている」と思っているもの。なので大人に理不尽な扱いをされていても「自分が悪いんだ」と頭で思うより心で感じてしまう。先生逹の「あなたは先生とは名乗るな」と言いたくなるような態度も子供同士のいじめとなんら変わることのないように思う。‘一見’劣っているようにみえる生き物に対する優越感。大人も子供もおんなじ人間だということなんだな。

    ま、彼らは二トロちゃんの恨みを買い、数十年後に悪行を漫画に書かれてしまっていますが。
    繰り返しになるけど二トロちゃんよく頑張った。
    中学二年生の時に‘普通に’接してくれた川平先生には私からも感謝したいな。
    そういう人にひとりでも出会えると生きていける、と思う。

    沖田さんの記憶力はすごいなあ、と思っていたらあとがきで当時の同級生逹との記憶の齟齬が大きいことを告白。
    正直者だなあ。

  • 2度目の読了。

    アスペルガー、LD、ADHD。
    集団生活の中で、出る杭打たれる。
    悪い意味で目立つと、心無い先生から容赦なくたたかれる。身体的にも精神的にも…
    最後、川平先生の登場には本当に救われたし、自分はそんな存在でありたいと心から思った。
    捨てる神あれば拾う神あり。

    ニトロは本当はずっと 「先生」を好きになりたかった

    …なんだか切ないね。
    沖田×華さん著書、読み漁りたいと思います。

  • ハートネットワークで紹介された発達障害の漫画家。テレビではアスペルガーとADHDと言っていた。早速、読んでみた。小さい時の事を良く覚えているなというのが第一印象。あとがきでも書いているが、自分で思っている程、周りは問題を感じていなかったようで、過去の記憶がデフォルメされてしまうのも障害の特徴なのだろうか。幼少時から理解されず、特に教師や親から理解されずに辛い体験されたようだが、ある意味、個性的で、漫画になった絵を見ていると愛すべきキャラクターに見えるのだが。

  • なんかこのニトロちゃんの『人とうまくやれない感じ』、
    すごくよく分かりました。
    いつでもどこでも疎外感を感じる感じ…。
    こういうのを漫画にするのは勇気が要っただろうなぁと思います。
    でも見る人によっては助けられすごく力になる漫画だと思います。

  • kamosigiさんより。

    ご自身の体験メインのようです。
    少し年下にはなるようですが、基本わたしと同世代なので、
    その頃の教育現場、というより自分達が育った環境がなんとなくわかるから、
    された仕打ちなんかはけっこうリアルで、読んでいて胸が苦しくなるページもちらほら。

    今でこそADHD等々耳にすることが多くなってきているし、
    認知度も高いけど、確かに当時はほとんどなかったものなぁ。

    個人的には学生時代以降の展開を、もっと読んでみたかったので、
    ☆☆☆

  • アスペルガー、学習障害、ADHD、いじめ、看護師、風俗嬢、整形マニア、漫画家へと、すごいんだなこの著者。やっぱり本は、ってこれマンガだけど、勉強になる。
    中1の娘に課題図書、と言ってこの本を読ませてしまったけど、先生からのいじめやセクハラ的なところもあり、ちょっとまずかったかと思ったけど、「面白かった」と言ってた。娘に「こういう子いる?」って聞いたら、「いないよ、〇〇学級にはいるよ」、と言ってた、特別支援学級のことだろう。
    そうか著者は1979年生まれだけど、当時はまだ普通学級だったのか、それがよかったのか悪かったのか。
    でもあらためてみると、学校ってひどいところだね。特にこういう「イイ子」とは真逆の立場から学校を見てみると、全く世界が違って見える。

  • タイトル*ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私
    著者*沖田×華
    出版社*光文社

    アスペルガーなどの<発達障害>の存在が、まだあまり知られていなかった時代。協調性のない行動から、問題児というレッテルを貼られてしまうニトロちゃん。クラスメートばかりでなく、やがて先生からもひどいイジメを受けるが……。著者自身の体験をもとに、苛酷な学校生活を涙と怒りと笑いで描くコミックエッセイ。最後はちょっと救われます。

    (あらすじより)

  • 恐らく作者である沖田さんの実体験ですよね。
    ADHDとアスペルガーを併発している・・・知的な障害はないけれどなにか他の子と違う、「普通ではない子」。
    本人にしかわからない気持ちや思いが描かれていてかなり勉強になりました。
    アスやADHDの子を持たない親でも、教員でもその他の人でも、万人が読むべき漫画です。
    普通でないものを排除しようとするのは集団心理の動きなんだろうと思うと悲しいけれど、納得してしまうところもあります。

  • 周りの大人が気づいてあげられなかったのかとさみしくなった。

  • ■ 1646.
    <読破期間>
    2016/6/16

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沖田 ×華(おきた ばっか)
1979年、富山県生まれの漫画家、女性。富山県立新川女子高校卒業後、。ペンネームは「起きたばっかり」に由来。
小学校の時に学習障害、注意欠陥多動性障害、そして中学生の頃にアスペルガー症候群と診断される。そのためか同級生からいじめ、教師からの体罰が続く学生時代を送った(自身の障害については、成人後SNSを通じて認めることができた)。高校卒業後に看護師の資格を取り職についたが、自殺未遂を起こす。看護師を辞め、ソープランド以外の様々な風俗店で働いた。
風俗店の待機室にあった実話誌をきっかけに漫画家・桜井トシフミに心酔、ファンレターを送って交流が始まり、絵が個性的だと褒められたことをきっかけに『漫画アクション』新人賞に応募、選外奨励賞を獲得。26歳で漫画家デビュー。
2018年、『透明なゆりかご』で第42回講談社漫画賞少女部門を受賞。同年、テレビドラマ化した。その他代表作に、『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』など。

ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私 (知恵の森文庫)のその他の作品

沖田×華の作品

ツイートする