肖像画で読み解く イギリス王室の物語 (光文社知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334786786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イギリスには 国立肖像画美術館という場所があり
    そこには 代々の王室の人たちの肖像画があり
    それらの絵について解説している本でした。

    イギリス王室だけではなく
    海外の人たちって 名前がみんな似ていて良くわからないので
    歴史も今一つ ぼやっとした中読みました。

    映画で見たエリザベスの部分はわかりましたね。

    他の部分は そうですかあ。。という感じでした。
    歴史に得意で 好きな人は楽しく読める本ですね。

  • イギリスには肖像画美術館があるらしい。その肖像画美術館に飾られている王室の面々を中世から現代まで大まかな流れを追っている。全体的には良著だが、時々主観が入りすぎてるんじゃないかなと思うところも。あと、タイトルを中野京子氏に寄せてるけど、そんなことしなくてもきちんと読まれる本だと思う。タイトル良くない。
    イギリス人が肖像画好きだなんて知らなかった!イギリスに行くことあれば肖像画美術館に行ってみたい。

  • ◼︎201608

  • はるか昔共通一次と呼ばれていた頃、世界史で私を大混乱に陥れたナゾがやっとわかった…
    同じ名前多すぎ!!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

2022年4月現在
関東学院大学国際文化学部教授

「2022年 『ハンドブックヨーロッパ外交史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

君塚直隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
エラ・フランシス...
宮下奈都
ジェイコブ・ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×