「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)

著者 : 水島広子
  • 光文社 (2016年8月9日発売)
3.77
  • (6)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334787035

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 流し読みした。
    「他人の目が気になるひとは、自分のことばかり見ている」ということばにハッとした。
    心地よく生きたいなら、まず目標を持つことだと思う。
    それにむかって、自分を捨てて、なりふり構わず行動していけば人の目なんかどうでもよくなってくるんだ。そう思った。

  • 他人からの評価は「客観的な真実」ではない。評価は相手サイドの問題に左右されるもの…。現代人はなぜ「他人の目」を気にするのか。要因となる“プチ・トラウマ”とその正体、克服法を精神科医が語る。

    他人の目が気になる心が強く出るときはストレスが強い時。
    癒しを求めているとき。
    過去や未来にとらわれず,今を生きる。
    ぼちぼちね。

  • 他人の評価は、決めけ、押しつけという暴力的な要素があり、これに振り回されていたら安定して生活できない。評価は、一時的なものであり主観的なものであることを認識すること。ありのままの自分を認めてもらうこと。現在の自分は、これまでベストを尽くしてきた結果なのだから。今はこれでよいという気持ちが大切。評価してくる人は何か事情があると考えること。

  • 「これはプチトラウマで驚いてるだけだ」「他人も自分も評価しない」「ただ日常を過ごす」「相手に事情があるだけ」「わたしは、今は、このままでよい」
    苦しい最中に読みました。
    とりあえず、まずこれらのことを思いながら、もう少しやってみようと思います。

  • 評価を下す人は、その人自身が評価を下さないと心配でたまらない人だという視点はなるほどと思った。

  • 水島先生の本は何冊か読んでいて、その都度ふむふむと感心する。本書もドッグイアだらけになった。
    でも1回読んでそれをすぐ実践できたら誰も苦しまないわけで、結局何度も読まなきゃいけない。
    「ありのまま」の自分を受け入れるのが大切であることはわかった。自信はつけるものじゃなくて感じるものであることも、「他人の目」なんてのは所詮は虚像でしかないことも一応わかった。
    しかし、これで明日からすぐ楽になれるかと聞かれたら答えはもちろんNOで、それは読む前からわかってたことだけれど、今はもどかしく感じて少し辛い。

全6件中 1 - 6件を表示

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)のその他の作品

水島広子の作品

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)はこんな本です

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする