「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)

著者 :
  • 光文社
4.04
  • (14)
  • (20)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 273
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334787035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうして他人の目が気になるのか、どうしたら気にならなくなるのかが、わかりやすく書かれた本です。


    ここでいう「他人」とは「みんなが見てるよ」の「みんな」と同じで、実体がありません。
    そしてこの「他人」「みんな」とは、実は「自分自身が生み出した虚像」だと言うのです。

    わたし自身、うつになる前はまさに「他人の目がめちゃくちゃ気になる人」でありながら「評価体質の人」でした。

    ではどうしたら「他人の目」を気にしない自分になれるかというと、虚像ではない現実に対峙している相手について考えていくこと、また、ありのままの自分を受け入れていくことだと著者は伝えています。

    ありのままの自分を受け入れることについては、著者とマンガ家細川貂々さんによる年「それでいい。」(2017年出版)を読まれると、よりわかりやすいです。

    他人の目が気になって苦しい方には、本書と「それでいい。」合わせて読まれることをオススメします。

  • 「他人の目」が気になる原因である「プチ・トラウマ」。自分にも当てはまる内容だった。「虚像の他人の目」を気にして生きているはずの自分が、何より「評価体質」であり、他人を評価して生きていることに気付かされた。そしてそれが、自分自身を狭め、苦しめていることにも。「ありのままの自分」「ありのままの相手」を認めること。それが何よりの解決策であり、今の自分を癒す方法であると思う。少しずつでも「評価体質」を改善していきたい。

  • 他人の目を気にしないためには自分に自信を持てばいいと言うけれど、自分に自信を持つってどういうことかわからなかった。その答えが本書にある。読了して少し気持ちが楽になった気がする。

  • 「これはプチトラウマで驚いてるだけだ」「他人も自分も評価しない」「ただ日常を過ごす」「相手に事情があるだけ」「わたしは、今は、このままでよい」
    苦しい最中に読みました。
    とりあえず、まずこれらのことを思いながら、もう少しやってみようと思います。

  • 流し読みした。
    「他人の目が気になるひとは、自分のことばかり見ている」ということばにハッとした。
    心地よく生きたいなら、まず目標を持つことだと思う。
    それにむかって、自分を捨てて、なりふり構わず行動していけば人の目なんかどうでもよくなってくるんだ。そう思った。

  • 水島先生の本は何冊か読んでいて、その都度ふむふむと感心する。本書もドッグイアだらけになった。
    でも1回読んでそれをすぐ実践できたら誰も苦しまないわけで、結局何度も読まなきゃいけない。
    「ありのまま」の自分を受け入れるのが大切であることはわかった。自信はつけるものじゃなくて感じるものであることも、「他人の目」なんてのは所詮は虚像でしかないことも一応わかった。
    しかし、これで明日からすぐ楽になれるかと聞かれたら答えはもちろんNOで、それは読む前からわかってたことだけれど、今はもどかしく感じて少し辛い。

  • 自分に対する他人の評価をそのまま受けとめる必要はないのかもしれない。相手には相手の事情があって発言している場合もあり、発言の背景を慮ること相手を遠い存在と感じなくても良くなるようにもなる。
    他人を気にするということは、なによりストレスのあらわれ。相手から親切にされたことを思い出したり、普段からノートにつけておくというのも自分を守るために必要な手段だと感じた。

  • 心理
    自己啓発

  • 他人からの評価は「客観的な真実」ではない。評価は相手サイドの問題に左右されるもの…。現代人はなぜ「他人の目」を気にするのか。要因となる“プチ・トラウマ”とその正体、克服法を精神科医が語る。

    他人の目が気になる心が強く出るときはストレスが強い時。
    癒しを求めているとき。
    過去や未来にとらわれず,今を生きる。
    ぼちぼちね。

  • 他人の評価は、決めけ、押しつけという暴力的な要素があり、これに振り回されていたら安定して生活できない。評価は、一時的なものであり主観的なものであることを認識すること。ありのままの自分を認めてもらうこと。現在の自分は、これまでベストを尽くしてきた結果なのだから。今はこれでよいという気持ちが大切。評価してくる人は何か事情があると考えること。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水島広子(みずしま・ひろこ)
慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などに取り組む。1997年に共訳『うつ病の対人関係療法』を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに、その普及啓発に努めている。現在は対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、国際対人関係療法学会理事。主な著書に『自分でできる対人関係療法』『トラウマの現実に向き合う』『拒食症・過食症を対人関係療法で治す』『怖れを手放す』『女子の人間関係』『自己肯定感、持っていますか?』『「毒親」の正体』などがある。

水島広子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
辻村 深月
J・モーティマー...
細川 貂々
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×