セカンド・ターゲット (kobunsha BLコミックシリーズ)

著者 :
  • 光文社
2.86
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784334807832

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/03/14
    【普通】男だらけの特殊訓練施設(J隊?)が舞台。 与大介(あとうだいすけ)×雨宮貢(あまみやみつぐ)。 貧乏で家族は離散、借金を抱えてて勉強もできないコネもない:与を、性に奔放で魔性の男:雨宮が誘惑する。 とはいえ、一筋縄でいくはずもないのがこの作家さん…なんだけど正直この話のどこに愛とかオチがあるのかよく解らないまま終わってしまった。 いつものキレがなかったような気がして残念。

  • 九州男子(BLの時の筆名)が満を持して送る自衛隊物。劇中ではあえて自衛隊と謳っていないのは隊員がxxだらけという設定だから? ミリオタには向かないが笑えるBLが読みたい方には全作オススメです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

松山花子/九州男児(まつやま・はなこ/きゅうしゅうだんじ)
1993年学研よりデビュー。主要作品に、『課長の恋』(ビブロス、リブレ出版)、『ネコ侍』(日本文芸社)、『ヨメヌスビト』(オークラ出版)など。『男色大鑑-武士編』『男色大鑑―歌舞伎若衆編』『男色大鑑―無惨編』(KADOKAWA/エンターブレイン)の3巻全てに執筆している。

「2018年 『全訳 男色大鑑〈武士編〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セカンド・ターゲット (kobunsha BLコミックシリーズ)のその他の作品

九州男児の作品

ツイートする