たましいを磨く8つの法則―ほんとうの幸せを見つける方法

  • 光文社 (2007年9月1日発売)
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334901431

たましいを磨く8つの法則―ほんとうの幸せを見つける方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画であっという間に読めてしまうのがお気に入りです。

    それでもエピソード一つ一つは深く、考えさせられます。

    スピリチュアルコミック1,2巻もおすすめです。

  • 中は全てマンガです。オール白黒。
    江原さんが体験したエピソードを元にしたフィクションです。
    江原さん自身の体験というより、
    江原さんに相談に来る人のエピソードを例に、
    分かりやすい内容で描かれていて、とても伝わってきます。
    8つの法則との事で、マンガのストーリーになっていますが、
    ストーリーがあるのは、最初の5話のみで、
    最後の3話は、マンガですが、マンガ内の江原さんが
    お話(説明)をしているという描写でした。

    絵は、少女漫画によく見る、細い線で描かれたタッチです。
    絵は個人的に好みではありませんでしたが、
    内容はよく伝わってきました。

    これ、手に入れてからしばらく読んでいなかったんです。
    内容は、多分オーラの泉などで言われている事と同じだろうと思っていて。
    ふとしたキッカケで読み始めてみると・・・。
    江原さんがよくおっしゃっている事(内容)ではあるんですが、
    読んでいてストーリーの部分で涙が出てきました。何度も。

    感動する場面って、人によって違うんでしょうけども。
    涙が出るのは、心や魂が必要としている情報だからなのかも知れないですね。
    オーラの泉の放送が終ってからは、
    スピリチュアルな情報を得るのも、
    TVでは放送されないような部分に焦点を当てていたので、
    久しぶりに新鮮な感覚で読む事ができました。

  • 本書は、女性週刊誌『女性自身』に連載されていたマンガを1冊にまとめたもの。マンガと言っても侮ることなかれ。江原さんが常々おっしゃっている、霊的真理の真髄であり大前提である「スピリチュアルな8つの法則」が、マンガになっていることで非常にわかりやすく説明されているのです。江原さんの、優しく語りかけてくれるような文章でもよくわかりますが、このマンガではさらに具体的に理解できるのです。

    わたしの場合、「すべては自分が蒔いた種、その種は自分で刈り取るしかない」という因果の法則で、「自分で刈り取る」というのはどうすればいいのか、いまいちわかっていなかったんですが、このマンガを読んではっきりわかりました。

    本書には様々な状況におかれた人たちがたくさん登場し、江原さんの言葉で元気づけられたり立ち直ったり周囲の反応が変わったりして、きちんと自分を取り戻していきます。どれもいつでも身近に起こりうることで、他人事ではありません。マンガだからこそそれがリアルに迫ってきます。

    勇気と元気が湧いてくるこの本、常に近くに置いておき、何かで迷ったときに開いてみると、きっとそのときに何かヒントになることが目に飛び込んでくるに違いありません。

    巻末に、8つの法則が文章にまとめられた冊子がついています。その表紙は、裏表に江原さんの両手の写真。この手を眺めているだけでも癒されていくような気持ち良さを感じるのはなぜでしょう。

    読了日:2007年9月27日(木)

全4件中 1 - 4件を表示

江原啓之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たましいを磨く8つの法則―ほんとうの幸せを見つける方法はこんな本です

ツイートする