絵本版 象の背中 ―旅立つ日― (CD付き)

著者 :
制作 : 城井 文 
  • 光文社
4.28
  • (22)
  • (11)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334901479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 涙、涙。

    感動~

  • 泣ける。
    一番近くの大切な人。残していくこと許して欲しい。
    というとこが特に。お母さんと子どたちの気持ちも知りたい。

  • 人の寿命には限りがあります。その終わりは、いつか必ず訪れます。いつかが明日かもしれないし、この瞬間かもしれない。それなのに多くの人は自分が明日も生きていると思っているのです。そんな保証なんてないのに…。って私自身のことなんですけどね。(苦笑)こういう作品を読む度に思います。もっと一日を大切に生きて好きな人に感謝しようと。

    秋元さんの多才さには驚かされます。

  • よかったです~
    誰でも終わりがあること、今あるものへの感謝。
    ありがとう

  • 多すぎる言葉は要らない。涙が込み上げる、悲しいけれど優しいお話。

  • 生きていることに感謝しました。

  • 購入日:----/--/--
    読了日:2010/08/26
    立ち読み。
    前にYouTubeで映像を観たことがあったのをたまたま見つけたので。
    そのときは、何かわざとらしくて逆に白けてしまったけれど、絵本で見ると泣けてしまった。
    雲の上で見守っているお父さん象に死神(?)が家族からのメッセージを届けるのが印象的。

    でも、この象、どうしても電動ポットに見えてしまう…。

  • うう~~いやだ~~。泣くように作られた絵本。

  •  ある朝 目が覚めたら 神が待ってた
     命に 終わりが来ると そっと 知らされた
    ・・・・・
     一番近くの 大事な人よ しあわせだったか?
    ・・・・・

     お父さん象が、旅立つときに家族を思う気持ちと、人生を振り返りいとおしむ思いが描かれ書かれています。見送った大事な人をあったかく思い出すきっかけをくれた絵本です。

  • 読みたいというか、欲しいですね。

    立ち読みで号泣してしまい、買わなくていいやって思ったけど、
    今となっては、やっぱり手元に欲しい。

    ストーリーは定番かもしれないけど、
    家族とは、考えさせられます。

    子供出来たら読ませたい。とおもわせる一冊。

    絵本を舐めちゃいけないね、やっぱり。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月2日、おうし座生まれのO型。作詞家、放送作家、プロデューサー、漫画原作者など多方面で活躍。

「2015年 『あずきちゃん なかよし60周年記念版(5)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋元康の作品

ツイートする