和食育二十四節気

著者 :
  • 光文社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334901585

作品紹介・あらすじ

日本に生まれ暮らすあなたの心と体に"ちょうどいい"ごはん。「二十四節気」とは1300年あまり使われてきた季節と暮らしの目印です。二十四節気が教えてくれる、毎日に役立つ「食育」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一年を4つに分けて
    春夏秋冬それぞれの季節を堪能するのも良いけれど、
    春の兆し、とか木々を揺らす風とか、高くなりつつある空、とか
    もう少し繊細な気配に感じ入りたい時は
    更に季節を分け、二十四節気として楽しめば良いらしい。
    おなじみ立春、立夏などから
    雨水、清明、白露、なんて字面の美しさにほ~っとなりそな時期まで
    旬のメニューと二十四節気にまつわるハウツーを
    のんびり楽しめるお料理本。

  • 衣に火を通す必要のないものから揚げ物を始めようというのは有効

  • 春夏秋冬をさらに分けて二十四節気ごとの料理が紹介されていますが、料亭のかしこまった料理ではなく家庭でおいしく再現するためのコツを教えてもらえます。

    美味しそうな料理の数々を紹介しながら、生鮮食料品でさえハウス栽培や輸入で年中手に入るのが本当にいいのか、日々の暮らしでわたしたちができることは何なのか、と問いかけてくれています。

    インスタントな人生ではなく、きちんと生きるための食事を考える一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年福島県生まれ。1980年東京・西麻布「とく山」の料理長に就任、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長に。創造性豊かな料理とやさしく温厚な人柄にファンが多く、オープンから28年たった今も、予約が取れないほどにぎわう和食の名店となる。著書多数。震災後は故郷・福島の復興支援を積極的に行っている。

「2017年 『きゅうり食べるだけダイエット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野崎洋光の作品

ツイートする