わたしたちの、小さな家

著者 :
  • 光文社
2.63
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334910693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親の記憶が全くない。なぜ覚えていないのか、家に写真一枚すら残っていない理由は…?
    母から娘へ受け継がれる“約束”。ホラータッチの長編作品です。内容云々よりも
    出てくる人物像が好みでしたね。煙草とコーヒーを好む翻訳家のかっこいいおばあちゃん、
    きつく見えて本当は優しい無二の親友、好青年すぎる恋人。テンプレかもしれませんが
    身近にこういう人がいたらいいなと思わせられた。

  • 途中までは面白かった、というレビューが納得。ホラーとファンタジー融合?苦手ジャンルでした。よくわからない終わり方。

  • 小さな家に、祖母と二人で住んでいる。両親共幼い頃に亡くなってしまったが、住む家もあるし、大学にも行けて、親友もいて恋人もいる。平凡で幸せな毎日なのに、最近家の中に何かがいる気配がする……。

    ホラー風のファンタジー……全体的にぼんやりしていて、幼い感じ。確かに真相らしきものは全てわかってすっきりはしたけれど、とりたてて怖いことが起こるでもなく、もったいないというか。とりあえず主人公は幸せになれるといいなとは思う。

  • 途中までは面白かったです。

  • 最後は、わかる人にはわかる内容なのだろうか。途中までとてもよかっただけに残念。

  • 吹っ切って、外に出ることができるといいのだが。

  • くやしい、途中まで面白かったのに最後がわからなかった。残念です。もう一度読み返す元気はない。幸せに、なりなさい。

全7件中 1 - 7件を表示

わたしたちの、小さな家のその他の作品

わたしたちの、小さな家 Kindle版 わたしたちの、小さな家 水沢秋生

水沢秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

わたしたちの、小さな家はこんな本です

ツイートする