狙撃手のオリンピック

著者 : 遠藤武文
  • 光文社 (2016年1月19日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • 40人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334910716

狙撃手のオリンピックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モスクワオリンピックを目指していた長野県警の神稲貴之。テルアビブ空港乱射事件の関係者として、公安に逮捕された荻窪克己。長野オリンピックを控え、彼らの運命が交錯する。
    戦争から始まり、昭和という激動の時代が面白く描かれていた。親子、双子などのところにもう少し焦点をあてていれば。

  • オリンピックを目指す警察官と、テロ事件への関与を疑われ監視される青年。一見関係なさそうな二人の人生が徐々に繋がっていくミステリ。昭和から平成にかけての時代におけるさまざまな考え方の違いなどが重苦しく、サスペンス感を引き立てます。
    神稲と荻窪、二人の出生の秘密にかかわる部分はとにかく酷い、けれどもこういう考え方がまかりとおる時代もあったのか、というのが衝撃でした。そしてあの人の恨みの深さが何ともいえず。でもラストにはなんだかほっとさせられました。

  • リオや東京オリンピックを題材にしたタイムリーな作品かと思ったら、さにあらず。物語はモスクワオリンピックのボイコットから始まり遡って戦中戦後の禍々しい事件の発掘へと進展、二人の主人公が運命的な出会いをするという、タイトルから想像した単純な物語とは違って重層的で、横溝正史的な事件から現代風の警察小説まで織り込んだ深い作品でした。

  •  謎が、そうかと深く納得するほどではない。

  • どうもこういうテロとか公安とか、あるんだろうけど何やってるのか何したいのかまるで分からない世界の事で、心情も理解できないし、ちょっとニガテなカンジで終わってしまった。
    荻窪は、祥惠さんが死ぬ前に顔見せてあげてほしかったな

  • モスクワ五輪から長野五輪にかけて、五輪に翻弄され続けた二人の男の物語。よく練られたストーリーと凝った仕掛けに大満足。デビュー当時の「トリックありき」も影をひそめ、感情移入も妨げられませんでした。

  • 昭和の香りのミステリー。構成はよくできてるなぁと思ったのですが、テーストが渋すぎて、私には微妙にあわなかったです(^^;)

  • 2016/02/09
    移動中

    遠距離射撃、超集中力を要する軍事とスポーツの境。
    オリンピックと言う光と影を生み出す舞台。

  • 面白かったがもう少し、最後の緊迫感が欲しかった。

  • ライフル射撃でモスクワ五輪をめざす長野県警所属の神稲。テルアビブ空港乱射事件の被疑者として公安に環視されている荻窪。2人の運命は、戦後の混乱期の謎をめぐり、奇妙に交錯して行く。

    戦後の混乱期をベースに、長野オリンピックに話は繋がっていく。
    戦後混乱期の、数々の警察の混乱した捜査を思い出す。
    戦後混乱期とオリンピック開催が、上手く繋がったミステリーです

全12件中 1 - 10件を表示

狙撃手のオリンピックのその他の作品

狙撃手のオリンピック Kindle版 狙撃手のオリンピック 遠藤武文

遠藤武文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

狙撃手のオリンピックはこんな本です

ツイートする