クローバーナイト

著者 : 辻村深月
  • 光文社 (2016年11月17日発売)
3.34
  • (23)
  • (103)
  • (145)
  • (25)
  • (10)
  • 本棚登録 :857
  • レビュー :144
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911300

クローバーナイトの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軸になるのは、
    オーガニックコットンの会社を立ち上げた志保・35歳、
    公認会計士の夫・裕と4歳の娘。
    絵に描いたような理想的家族。

    「VERY」連載というだけあって、ママ友がモデルだったり、
    食事会、保育園探し、お誕生会などなど、
    都会暮らしのこの世代には共通する話題、なのかな。
    ただ、お受験だからと、二人目を妊娠したことで責められる場面は、どうにも受け入れられなくて…

    子どもの発育を心配して、あれこれ世話をやいてくる志保の母親の章はリアルでした。
    「心配してくれてありがとう」という気持ちと、
    干渉されたくないという気持ち…
    娘の立場からすると、実の母親にはどうしても感情的になってしまうから…。
    そんなとき冷静に妻の両親と対峙できる夫・裕はすごい。

    夫・裕の目線で進行するせいか、テーマのわりにドロドロしてなくて読みやすかったです。

  • 今年最初の本はこちら。辻村さん好きだし表紙が良かったし。
    子育て中の辻村さんだから書けた内容かな。
    幼稚園や保育園での関係性や、両親との関係。
    お受験やお誕生日会。子供が小さい時っていっぱい煩わしい事あるよね。
    そういうのを乗り越えて親も成長していくのだ。
    この鶴峯ご夫妻いい夫婦だね~

  • 家族の幸せを守るべく、新米騎士(ナイト)が右往左往しながら、
    奮闘している姿を描いた5編の連作短編集。

    ・イケダン、見つけた?
    ・ホカツの国
    ・お受験の城
    ・お誕生会の島
    ・秘密のない夫婦

    鶴峯裕は小さな会計事務所で働く35歳。
    大学の同級生だった妻・志保はオーガニックコットン専門のブランドを立ち上げ、
    最近は雑誌の取材も受けるまでになった。
    5歳の長女・莉枝未と2歳の長男・琉大と可愛い盛りの二人の子供を
    保育園に通わせる日々だが、
    時間の融通のきく裕は送り迎えもよくやっている。
    ママ友たちからはイクメンと評判だが…。
    鶴峯家にも育児にまつわ難題は次から次へと押し寄せる…。

    ママ友の不倫疑惑や、熾烈な保育園活動、過酷なお受験や驚愕のお誕生日会。
    最後には実母と娘の葛藤など、どのお話も結構重くって、子育て未経験の私には
    テレビなどで耳にはするが、今はこんなに大変なの…と衝撃を受けた。
    女性誌「VERY」に連載されていただけに、ちょっぴりセレブ過ぎたかなぁ。
    ちょっと、違う世界ってと遠く感じてしまいました。
    でも主人公の鶴峯家の二人が人としてもとても温かく、優しくって
    二人の仲がとっても良くて素敵でテーマは重いけど気持ちは重くならずに読めました。
    最後の「秘密のない夫婦」では友達親子だと思っていた志保とママが…。
    支配したいモンスターママだったなんて~(´⌒`。)
    でも、このお話が一番きついけど面白かったです。
    辻村さんらしく、女性の心理描写が繊細で、子育て未経験の私でも色んな共感を感じました。
    子育てをされている方、またその親世代の人に読んで頂きたいなぁ。
    子育て世代の人には凄くパワーを与えてくれる一冊だと思いました。
    皆、きっといろんな力に助けてもらっているのです。
    そして、どんなに激しくぶつかり合っても家族というのは甘え合うのだよね。
    お母さんになった辻村さんだからこそ、書けた一冊だったのでしょうね。

  • 四つ葉や三つ葉のような構成の中で、その平穏を守るために戦うクローバーナイト。お受験、保活、お誕生会、子供の成長問題、子供を巡る他者と、あるいは身内との複雑な人間関係、・・・・寸刻の油断もできない。誰しも日々、慄き、揺れながら、考え、生きていかなければならない。人は一人では決して生きていけない。改めて実感。

  • 子育て真っ最中の家族4人の話。
    夫婦共働き、子供2人は保育園。
    ママ友問題やら保活問題(保育園に入れるよう活動することを言うらしい)やらお受験やら教育方針の違いから実母と揉める話やら…。

    ひとっつも興味ないし
    ひとっつも共感出来ないし
    主人公であるこの4人家族…特に夫婦の関係が良好過ぎて全く問題がなさ過ぎて半笑いで読んでしまった(汗)
    クローバーナイトと言うタイトルの由来にも多少引き気味の私が読んじゃいけなかった本かも(笑)

  • 幸せ物語。全然面白くなかった。

  • 読みやすかった。こんな素敵な家族が作れるといいなぁって思った。

  • *何が“普通”になるのかは、誰にもわからないのだ。ママ友の不倫疑惑、熾烈な保活、過酷なお受験、驚愕のお誕生会、そして―。保育園に通う一男一女を抱える鶴峯家。家族の幸せを守るべく、新米騎士が右往左往しながら奮闘中!VERY連載時から話題沸騰!*

    とにかくリアル。語り手を新米パパ裕に据えているので、内容の割には重くなり過ぎずに仕上がっていますが、読む時期によっては気持ちが滅入ってしまいそう。

  • クローバーナイトのナイトは夜じゃなかったのか。4人家族を守る騎士。話題は育児や保活、お受験。旦那さんの裕が出来すぎている。イクメン。

  • 家族のお話。クローバーナイトって何?と思ったら家族をクローバーに見立ててそれを守る騎士のナイトというなんともクサイ表現でう~ん。。。
    話の内容も割と退屈というか、なんというか、、、結婚して子育てすれば共感できるのかもしれないけど、そんなにって感じでがっかり。
    保育園を探す保活とか、実際そんなに大変なの?!とびっくりはしたし、子供のママ友とか大変なのもわかるけど、、、。
    なかなか読み進まなくて苦労した。辻村さんの作品ではこんなの初めてかもしれない。

全144件中 1 - 10件を表示

クローバーナイトのその他の作品

クローバーナイト Kindle版 クローバーナイト 辻村深月

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クローバーナイトを本棚に登録しているひと

ツイートする