探偵さえいなければ

著者 : 東川篤哉
  • 光文社 (2017年6月16日発売)
3.12
  • (2)
  • (12)
  • (28)
  • (6)
  • (2)
  • 128人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911706

探偵さえいなければの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 烏賊川市シリーズ8作目。
    「倉持和哉の二つのアリバイ」が面白かった。スターボックス、チャーリーズコーヒー、アクセクシヨール…パチもんばかりの『烏賊川市系』に笑った。その烏賊川市系が謎解きに一躍買いましたね!東川さんのこのふざけたネーミングセンス、好きだわぁ。
    「とある密室の始まりと終わり」かなり陰惨な場面のはずなのに、ゆるい(笑)流平君は相変わらずアホの子でかわいいな。
    今回カープネタがなかった気がする…?

  • 安定の烏賊川市シリーズか。

  • 相変わらずのユーモアミステリー。ここ最近の東川作品の中でも、もっとも笑える。ゆるキャラの話が面白かった。ミステリーとしても秀逸。トリックはわかったけど、犯人分からなかったなあ。最後にどんでんがえるよ。

  • 【所在・貸出状況を見る】 https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/207066

  • 烏賊川シリーズの連作短編集。
    このシリーズは奇抜な設定で面白くさせているのでは無く、比較的オーソドックスなユーモアミステリになっているので、安定した人気が続いているのだろう。さらりと伏線があったりして巧い。
    シリーズ探偵もいるのだが、主役になって謎を解いたり、脇役になって間違った推理を披露したり、全く出てこなかったり、果ては犯人のアリバイ作りに利用されたりしている。この辺のいい加減さも楽しい。
    私も著者の数あるシリーズの中で一番好きだな。

  • 相変わらず、作者のギャグのような事件が面白い。全ての殺人事件が、探偵が居たことにより、アッサリ暴露されてしまう。まさに、探偵さえいなければ…なのだ。(笑)

  • いまいち笑いのパンチがなかったなぁ。

  • 謎解きはディナーの後で・の東川さん~烏賊川市は東京近郊の有数の犯罪都市で探偵の鵜飼杜夫は周りの素人に助けられてようやく家業が成り立っている。妻の叔父から預かっている洋食屋が左前になり、川の汚れた水を風呂に溜め、溺死させてガールズバーをやりたい男のアリバイ作りに利用され掛かったが、酔っ払いながらも何度も覚えていろと言われて、時計が止まった時刻に不在であったことを証言する。イカフェスのゆるキャラコンテストでハリセンボンの着ぐるみを着た男性が喫煙スペースでアイスピックを胸に突き刺されて死んだが、謎を解いたのは剣先マイカだった。別荘地に夕食と麻雀に誘われたビルオーナーの朱美は午前三時までで勝ち続け、負けたロボット開発者の秋葉原博士が借金をしている富豪・深沢氏を絞殺し、ロボットを深沢氏に見立ててアリバイを作るのに一役買ったが、死体を動かすと死体の形に白い粉が現れる。午後7時以前に被害者が抵抗した際に、小麦粉を撒いたのをタイマーでセットされた時刻にルンバが動いたのだ。その時刻にアリバイがないのは、秋葉原博士のみ。40歳の息子の嫁の浮気調査をした鵜飼と助手の流平は息子の一軒家が電灯を付けているにも拘わらず呼びかけにも応えずどの窓もあいていないことを訝しく思い、台所の小窓を格子越しに開けると、俎上に血のついたナイフ、慌ててリビングの窓を破ると、ダイニングは血の海で、柴犬のホタテが興奮して行った風呂場の湯船にはバラバラ死体。夫かと思った遺体は間男のもので同じ湯船に潜んでいたのだ。不遇の腹違いの弟は一つ違い富豪の兄を殺そうという女の計画に乗った。女の計画は、被害者の計画殺人に対する返り討ち殺人を正当防衛とすることで無罪となることだった。瓜二つの腹違いの兄弟の違いは弟の頭頂部の髪が薄くなっていることだったが~ずいぶん緩さに磨きが掛かった。プロフィールの近著に書いてある『かがやき荘アラサー探偵局』のシリーズなのだろうか?最後は刑事以外の探偵も関係者も出てこない・ってどういうこと?

  • 殺人事件の多い烏賊川市。残酷な殺人事件のはずがゆるいキャラばかりでゆるゆる犯行がばれたりする。最後に出てくる普通の殺人て言葉が逆に笑える。

  • ドタバタ感がお子ちゃま向きな感じ

全26件中 1 - 10件を表示

探偵さえいなければのその他の作品

東川篤哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
米澤 穂信
恩田 陸
東野 圭吾
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵さえいなければを本棚に登録しているひと

ツイートする