署長・田中健一の幸運

著者 :
  • 光文社
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基本的な流れは前巻と同じです。
    プラモデル好きの警察庁のキャリア田中健一が地方警察の署長に。キャリアらしくお飾りでいる気まんまんなのに周りが勝手に解釈して超絶キレ者と勘違いされ・・・という。

    面白かったです。なんかこう、疲れてるときに読むとこの上なく癒されるというか。いい意味で馬鹿馬鹿しさが漂ってるのもそうなんですが、事件の犯人を除けば、基本的に悪人がいないようなつくりになってるからなんじゃないのかな、と。いや実際は悪人というか犯罪者とかいてもそういう描かれ方をしているように思いました。

  • 【収録作品】署長・田中健一の幸運/署長・田中健一の執念/署長・田中健一の熱中/署長・田中健一の休日/署長・田中健一の憔悴/署長・田中健一の帰還 2 
     面白さがパワーアップしている。後を引く。

  • ドタバタ、コメディ。
    アンジャッシュのコントか、ラッキーマンか。
    暇つぶしにはなった。

  • 「警察官僚はいっぱいいるけど、二度も警察署長をする者なんて、そうそういないぞ」。桜田門の警察庁本部で窓際を決め込もうとしていた田中健一だが、今度は京都で署長になることに。今度こそ現場にかかわるまいと誓うのだが……。軽快なユーモア警察小説。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1961年愛媛県生まれ。京都大学理学部動物学科卒業。セガ・エンタープライゼス、バーチャルゲームセンターなど、ゲーム制作会社に勤務。『長い腕』で第21回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。2012年、その続編『長い腕』を11年ぶりに発表し、話題に。

「2016年 『疫神』 で使われていた紹介文から引用しています。」

署長・田中健一の幸運のその他の作品

署長・田中健一の幸運 Kindle版 署長・田中健一の幸運 川崎草志

川崎草志の作品

ツイートする