天命

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 45
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334912635

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大内、尼子の二大勢力に翻弄されながらも、毛利家を一大勢力に押し上げた毛利元就。この生涯をひもとくと、まさに猛悪無道な武将の人生であった。
    凄まじいの一言。

  • 2020.9.30完了
    初めて毛利元就の半生にまともに触れ合った気がする。
    岩井三四二氏の話はテンポが良く読みやすいと思っているし、話を深く展開しないのでダラダラしない感じがいいと思っている。
    が、今回も同じような書き方だけど、一大巨人の毛利元就ともなるとちょっと物足りないかもしれない。ガッツリ知りたければ不足を感じる。
    ただテンポがいいので読みやすいのは事実。実際すんなりと最初から最後まで気持ちよく読めた。おもしろい。

  • 三番の矢は、良く知ってるいるが、それ以外は良く知らない毛利について、最初の読むにはさいてきなのかな。

  • 謀将・毛利元就の一代記です。
    岩井さんは少し変わった視点から歴史を描く事が多いと思うのですが、これは真正面から。しかし一代で小領主から十カ国の主に成りあがった元就、戦場でも強かったようですが、それ以上に籠絡や裏切りなどの謀(はかりごと)を巡らせることが得意。必要とあれば部下を切り捨て、従ってきた見方を裏切る。ですからあまり魅力的な主人公とは言えません。
    それでも私は地元民(元就が一気に勢力拡大するきっかけになった「厳島の戦い」の対岸に在住)なので土地鑑のある場所が随所に現れ、物語と言うより歴史書的な興味で読んでいました。
    ただ、最後に出て来る元就の少年時代のエピソード。これで結構気持ち良く読み終えることができました。

  • 大内、尼子の二大勢力に翻弄される小国人・毛利家の次男に生まれた元就。いつ敵方に寝返るとも知れぬ家臣たちをまとめ、戦国を生き抜くために必死で足掻き、策を極めた逞しい武将となっていく。その戦いの生涯を描く傑作歴史小説。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1958年岐阜県生まれ。一橋大学卒業。1996年「一所懸命」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。98年『簒奪者』で歴史群像大賞、2003年『月ノ浦惣庄公事置書』で松本清張賞、04年『村を助くは誰ぞ』で歴史文学賞、08年『清佑、ただいま在庄』で中山義秀賞、14年『異国合戦 蒙古襲来異聞』で本屋が選ぶ時代小説大賞2014をそれぞれ受賞。『太閤の巨いなる遺命』『天下を計る』『情け深くあれ』など著書多数。

「2017年 『絢爛たる奔流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井三四二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×